韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  内需低迷の韓国、仁川空港出国者数は新記録

内需低迷の韓国、仁川空港出国者数は新記録

夏休みシーズンの仁川国際空港は人でいっぱいだ。先週日曜日に一日の利用客が20万4554人という開港以来最多となる出国者数を記録した。夏休みシーズン37日間の仁川空港利用客は釜山市と仁川市の人口合計より多い684万人に達するという。依然として内需は不振だが、仁川空港だけはますます活況を呈している。

日本政府観光局の公式ホームページ韓国語版に入ると「マクレの日本旅行」という映像コンテンツが目を引く。「マクレらしくもっと、日本でもっと」という楽しそうなサブタイトルも付いている。日本観光のキャッチフレーズ「私らしくもっと、日本でもっと」をもじったものだ。71歳のパク・マクレさんは全羅道の食堂で働く、動画投稿サイト「ユーチューブ」で一躍スターになった女性だ。この動画の下には、マクレさんが立ち寄った日本のレストラン・博物館・カフェの詳細が記載されている。今すぐ日本に行きたくなるような楽しくておしゃれな映像が多かった。




最近の若者たちがすぐに考えるのはコストパフォーマンス、すなわち「コスパ」だ。旅行も「コスパ旅行」が人気だ。格安航空会社などのおかげで、海外旅行のハードルが大幅に下がった。うまくすれば済州島行きの航空チケットの値段で東南アジアや日本にも行ける。旅費の負担が減ったからこそ、どこに旅行に行くかを決めるのは現地でのコスパだ。

各国の旅行費用情報を提供している「Budget your trip(あなたの旅行費用)」というサイトによると、韓国旅行にかかる一日平均の旅行費用は1人当たり11万9000ウォン(約1万2000円)。物価の安いフィリピン(5万1100ウォン=約5000円)やベトナム(4万5300ウォン=約4500円)の2倍で、日本(12万9700ウォン=約1万2800円)とはほぼ同じだ。だから、韓国より安いか、あるいはほぼ同じ費用で観光・グルメなど満足感の高い国に誰もが行くのだ。今年上半期、旅行で日本に行った韓国人は43%も増えた。
http://www.chosunonline.com/

【管理人 補足記事&コメント】
昨年、円安の影響で昨年日本を訪れた韓国人観光客の数が前年より約30%も増加した。日本政府観光局(JNTO)の発表によると、昨年日本を訪れた韓国人は前年比27.2%増の509万300人で、過去最高を記録した。韓国人入国者の増加率は中国人(27.6%)に次いで2番目に高かった。これについて、聯合ニュースは「円安が続いている上、日本政府が観光客増加に向けて推進しているビザ緩和などの政策が効果を上げているため」と分析した。

近いし、時差もないし、航空券が安いし、文化圏も近い。他の先進国と比べたら食費も比較的安く、治安も安定している上にインフラもきちんと整っている。見るものの多い少ないは別にして、韓国人が旅行するには最上クラスという事の様だ。中国より治安もいいし空気もいい。日本に何度も行く理由はあるというが、一方で不法滞在の一位も韓国人である。また生活保護費を不正に受給するという手口も増えている。韓国経済低迷で、日本での韓国人の犯罪増加は何とも厄介だが…。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年08月04日 10:12 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL