韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  韓国国民の72%が「THAAD追加配備、よくやった」

韓国国民の72%が「THAAD追加配備、よくやった」

文在寅(ムン・ジェイン)大統領の高高度防衛ミサイル(THAAD)の臨時配備の指示に対し、10人のうち7人が肯定的に評価していることが分かった。朝鮮半島での戦争の可能性に対する懸念は昨年、北朝鮮が4回目の核実験を行った時よりも高かった。

今月1~3日に実施された韓国ギャラップ世論調査で、北朝鮮の大陸間弾道ミサイル(ICBM)2次試験発射直後、文大統領がTHAAD発射台4期の臨時配備を指示したことについて、「よくやった」と評価した回答は72%だった。「間違っている」という回答は14%に止まった。THAAD配備地域である大邱(テグ)・慶尚北道の場合、肯定的に評価する意見が63%(否定的な意見21%)で、全国で最も低かった。共に民主党の支持者の中では、74%が肯定的に評価した。

昨年7月、韓米両国が朝鮮半島へのTHAAD体系の配備を公式発表した直後に行われたギャロップ調査では、THAAD配備に賛成する人が50%、反対する人は32%だった。今年初め、中国が経済報復を強化したことを受け、賛否はそれぞれ51%対40%で格差が縮まったが、北朝鮮が2回目のICBMを試験発射を行った後は、THAAD配備に対する賛成が圧倒的になった。リアルメーターが「交通放送」(tbs)の依頼で今月2日に実施した世論調査でも、THAAD臨時配備について肯定的に評価する意見が71%、否定的意見が18.4%だった。




今回の北朝鮮のミサイル発射で朝鮮半島における戦争の可能性が「さらに高まるだろう」という回答は32%、「変化がないだろう」という回答は60%だった。北朝鮮が4回目の核実験直後の昨年1月のギャラップの同じ調査では、戦争の可能性が高くなると予想する回答が21%(変化ないだろう69%)に止まった。ギャラップは「国民が感じる北朝鮮への緊張感がさらに高まったものと見られる」と分析した。

北朝鮮が核を放棄しなければ「全ての対北朝鮮支援を中断すべき」という意見は57%、「人道的支援は維持すべき」という回答は39%だった。新古里(シンゴリ)原発5・6号機の建設中止をめぐっては「続けるべき」(40%)という意見と「中断すべき」(42%)と意見が拮抗していた。回答を留保した割合は19%だった。
http://japan.hani.co.kr/

【管理人 補足記事&コメント】
北朝鮮のICBM発射後、THAAD肯定論が増加ところころ変わる南朝鮮である。朝鮮半島分断理由とか理解しているのだろうか…。北と南のわがまま政策不一致で、朝鮮半島主権争いとなり、今日まで来ているわけで、統一など出来るわけがない。北朝鮮は武力で、南朝鮮は進んだ経済を理由に上から目線であるから、平行線となる。話し合いなど無理だろう。ましていつ国がなくなるかわからないわけで、南朝鮮ではそれが恐ろしいがために自己主張したがるわけで、性格の悪い国となる。

差別的な目線で人を見て、強いものの下については、身を守りながら好き勝手な行動をする。アメリカの韓国利用もそろそろ終了なのだから、決着を見出すべきである。北朝鮮が暴走する前に対応するべきだが、トランプの頭も暴走しているわけで、大国と小国のトップが暴走し、迷走している様では、アジアの混乱は大きくなるばかりである。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年08月05日 09:19 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL