韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  日本を別の角度から見ると、中国人が抱く夢を叶えた国だった

日本を別の角度から見ると、中国人が抱く夢を叶えた国だった

長期停滞していると言われる日本経済。しかしそれは実際の日本を理解していないだけだという。中国メディアの捜狐網はこのほど、「日本を別の角度から見てみる」と題して、5つの角度から見てみると、本当の日本が見えてくるとする記事を掲載した。
 
1つ目の角度は総合的な国力だ。中国の25分の1という小さな島国ながらノーベル賞受賞者やノービザで入国できる国の数、食の安全、国民の寿命、就職率、1人あたりのGDP、さらには国民の民度に関する調査などで常に世界のトップレベルを維持し、「中国人が自国に抱く夢を日本はとうの昔にかなえている」と絶賛。日本と中国の国民間の民度の差は50ー80年の開きがあるとも言われているとし、「なぜ中国は他国から学ぶのに、日本からは学ぼうとしないのか」と疑問を呈した。
 



2つ目の角度として、日本の失われた20年は「ソフトランディングに成功した20年だった」と指摘。不動産バブルが生じていると言われる中国も日本のようにできれば良いが、このままではロシアと同じ「不動産は上がり続け、貨幣価値が下がり続ける」ことになりそうだとした。3つ目は「日本の革新分野」だ。ある調査では、イノベーション企業トップ100のうち、日本が40社、米国が35社で米国を上回ると称賛。そのうえ、今は充電の時期だが、力を発揮すれば世界をはるかにリードできるだろう、と日本にはさらなる潜在力があるとも指摘した。
 
4つ目は「技術分野」だ。研究開発費がGDPに占める割合などで日本は世界有数の水準にあり、技術力は米国に次ぐ水準にあるのが日本であるとした。5つ目は「見えないところのイノベーション力」だ。世界で人気が高いアップルやサムスンのスマホ製品には日本メーカーの部品が多く使用されており、毎年多くの日本企業がインテルの「プリファード・クオリティー・サプライヤー(PQS)賞」を受賞している。中国がかつて日本へのレアアース輸出を拒んだのも日本の研究開発力を恐れたからだと記事は分析した。
http://news.searchina.net/

【管理人 補足記事&コメント】
中国メディアの今日頭条は、日本製品が大好きで、日本を旅行で訪れたいと夢見る中国人による手記を掲載し、「日本製品を好むことは非愛国的行為ではない」と報じている。アニメを通じて日本に関心を持ち、日本好きになる中国人は少なくない。日本らしいモノや日本製品が好きなのは「中国製品に比べて日本製品が良いからに他ならない」とも伝えている。

また日本は高度成長期を経験し、公害問題を含めて様々な問題をクリアしている。あるいはクリアしようとしている。中国と言う新興国家の大国としては、これから日本が経験したことに直面するわけで、まして大国だけに単純ではない。やはりそういう問題を経験してきた日本に対するあこがればあるだろうと感じるが…。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年08月06日 10:36 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(1)
働き方改革のテーマ
なので、この話につながってきます。
技能実習制度で来日して失踪した中国人は年間 3,100人。

産経ニュース 2015.0.31
消えた中国人 5年間で1万人超
http://www.sankei.com/affairs/news/161031/afr1610310002-n1.html

こういうことには、必ず、送り出し側・受け入れ側の両方に
エージェントがいる。

改造内閣で関係する大臣はいっぱいいます。
野田 聖子 総務大臣
上川 陽子 法務大臣
河野 太郎 外務大臣
加藤 勝信 厚生労働大臣
世耕 弘成 経済産業大臣
小此木 八郎 国家公安委員会委員長
茂木 敏充 経済再生担当特命
[ 2017/08/06 17:58 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL