韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  現代・起亜自のハイブリッド車、米でフォード抜き月間2位

現代・起亜自のハイブリッド車、米でフォード抜き月間2位

現代・起亜自動車が米国のハイブリッド車市場で、月間販売台数でフォードを抜いて2位に上がった。米国のエコカー専門メディア「ハイブリッドカーズ・ドットコム」が6日に報じたところによると、現代・起亜自の今年7月の米国市場でのハイブリッドカー販売台数は計4976台だった。前月の6月(4566台)から9%増加し、昨年7月(2069台)に比べると倍以上増加した。

これにより現代・起亜自はトヨタ(1万5663台)に次いで販売台数で2位となった。先月まで2位だったフォードは7月の販売台数が3186台まで急減して3位に転落した。現代・起亜自がフォードを抜いたのは2015年4月以来、2年3か月ぶりだ。

現代・起亜自の販売台数が伸びたのは、起亜自「ニロ」が米国で好調だからだ。ニロの7月の米国での販売台数は2763台で、現代・起亜自の全販売台数の56%を占めた。米国のハイブリッド車市場でニロより売れたのはトヨタのプリウス(6034台)とRAV4(4695台)だけだ。今年3月に米国に進出した現代自「アイオニック」のハイブリッド車は、先月1209台を販売し、8位にランクインした。
http://www.chosunonline.com/




【管理人 補足記事&コメント】
2017年6月10日、韓国の自動車産業が低迷している。現代自動車など完成車メーカー5社の5月の世界販売台数は前年同月比13%近く減少。世界1、2位の自動車市場の中国や米国でも販売不振が続いている。このままでは生産台数で世界6位の座から転落する恐れもあり、事態は深刻だ。

聯合ニュースによると、現代自動車、起亜自動車、韓国GM、ルノーサムスン自動車、双竜自動車の韓国完成車メーカー5社による5月の世界販売台数は計66万3048台。前年同月比12.9%減少したと報じている。メーカー別にみると、現代と同社の子会社・起亜はともに販売台数が急減。現代の世界販売台数は36万7969台で同14.2%減少した。国内販売は同0.4%減の6万607台だったが、海外販売は30万7362台にとどまり、同16.5%の大幅減となった。起亜は21万9128台で同9.8%減少した。国内販売(8.6%減)と海外販売(10.1%減)がいずれも振るわなかった。

現代、起亜の不振は、中国市場の販売台数減が大きく響いた。両社の中国での4月の販売台数は5万1059台で同65.1%も減少した。5月の販売台数はまだ集計されていないが、低迷が続いているとみられる。在韓米軍への高高度迎撃ミサイル(THAAD)配備に反発している中国では、消費者が韓国製品の購入を避けている。米国市場でも販売が減少。中央日報によると、5月の米国市場で現代・起亜車は11万8518台を販売したが、これは前年同期より11.5%減少した数値だった。現代・起亜車の合算シェアも前年同期より0.9%ポイント下落し、7.8%になった。

現代・起亜車は今年に入り、毎月販売量が減少傾向をたどっている。1月に1.4%、2月に6.9%、3月には11.1%が減り、減少幅が2桁になった。4月は1.9%減と持ち直すかに見えたが、5月に再び拡大した。聯合ニュースが伝えた韓国自動車産業協会の集計によると、今年1~3月の韓国の自動車生産量は104万971台で、前年同期に比べ3万378台減少。97万4388台だった10年以降で最低の実績となった。同期間の生産増加率はマイナス2.8%で、世界の自動車10大生産国の中でこちらも最低だった。10大生産国のうち、前年比で生産率が減少したのは韓国のほかは米国(2.1%減)、カナダ(2.5%減)だけだ。

韓国工場の製造における態度対応の悪さは天下一品である。韓国内で製造する事すら嫌がる財閥トップは、次第に海外移行を強めている。一方で品質低下は大きな問題で、なおかつ「研究開発の取り組みの遅れ」があるわけで、研究開発費に多額の資金を投下してきた自動車メーカーほど、市場拡大のペースが鈍化した中国でも安定した販売を維持している。また、現代自動車は新モデルを投入後も旧モデルの販売を続けていたことを指摘し、新旧の車種を同時に販売することは、市場に対して製品や技術力が欠けている印象をあたえる。単にデザインだけでは限界であるから、品質重視に力を入れるべきである。

IT産業と連携するわけで、評価も難しくなり、いままでのノウハウプラスアルファとなるわけで、サボりの多い韓国の製造マンでは高い給料に見合うだけの技術力はない。これ以上遅れれば、他の世界企業に引き離されるだけとなる。現代自とて、このままでは世界企業傘下になりかねないという事だ。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年08月07日 09:49 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL