韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  人気の「窒素菓子」で胃に穴…他の窒素添加食品は大丈夫?

人気の「窒素菓子」で胃に穴…他の窒素添加食品は大丈夫?

「ヤンガリー菓子(韓国で人気の窒素入り菓子)を食べた子どもの胃に穴が空いたそうだけど、窒素コーヒーや窒素アイスクリームは大丈夫なの?」。 「私なら絶対に食べないわ」。今月5日、ポータルサイト「ネイバー」の子育てママ向けコミュニティーサイトにはこんな書き込みが寄せられた。先ごろ小学生が「ヤンガリー菓子」を食べたところ胃に穴が空くという事故が発生し、他の窒素入り食品の安全性について懸念の声が高まっているのだ。

代表的なのが「窒素コーヒー(ニトロコーヒー、ドラフトコーヒー)」。これはコーヒーに窒素を注入し、窒素とコーヒーが分離する過程で生じる泡を楽しむ飲み物だ。黒ビールの質感に似ているということで最近、オフィス街を中心に人気を集めている。現在はトゥーサム・プレース、スターバックスなど韓国の主なコーヒーチェーン店で販売されている。トゥーサム・プレースは今年4月から全国の800店舗で窒素コーヒー「ニトロ・コールドブルー」を販売している。スターバックスも全国の105店舗で、イディアコーヒーも全国の2000店舗で販売中だ。





コーヒーチェーン各社は今回の騒動について「コーヒーに入っている窒素は気体の状態であり、液化窒素を常温で気化して使う『ヤンガリー菓子』とは異なる」と説明した。 「ヤンガリー菓子」は、ボール状のスナックの上にエアホースで液体窒素をかけて急冷したものだ。保健当局は今回の事故について、常温で急速に気化する液体窒素が液体の状態でそのまま残っていたために発生したとみて調査を進めている。窒素コーヒーはすでに気体となっている窒素を注入するため、液体の窒素に接する危険はないという。

最近子どもたちの間で人気を集めている窒素アイスクリームの専門店も「ヤンガリー菓子とは製造過程や方法が全く異なる」と釈明に乗り出した。ある窒素アイスクリームの関係者は「窒素アイスクリームは1分30秒の製造過程で窒素が全て気化してからお客様に提供しているため、人体に害はない。実際に窒素アイスクリームで事故は一度も起きたことがない」と話した。食品医薬品安全処は「液体窒素を含む食品添加物の使用実態を点検し、管理を強化する予定」と説明した。
http://www.chosunonline.com/

【管理人 補足記事&コメント】
液体窒素が含まれたお菓子を食べた12歳の少年の胃に穴があくという事故が発生した。1日、韓国の天安市のウォーターパークにて12歳の小学生が液体窒素菓子を購入し食べたところすぐに倒れた。このお菓子はカップに入れられたお菓子に液体窒素を注いだもので、食べると鼻や口から煙が出ることから「ヤンガリー菓子」と呼ばれる。少年は液体窒素を飲み込んだと推測される。気体ではなく液状の窒素は人体に致命的だと専門家は警告する。少年は病院に搬送され、胃に5センチの穴があき、手術を受けた。現在も集中治療室で治療を受けている。この事故が報道されたあと、液体窒素菓子の材料である「窒素」に対する警戒心が高まっている。

大きな危険をはらむことが分かったヤンガリー菓子だが、韓国ではテレビやSNSなどで数年前から話題になっており、全国的に販売が広がっている。今回の事故原因となった菓子を販売した業者も、事前の届け出を行わずウォーターパーク内の簡易施設で営業していたことが判明した。 一方、今回の事故を受け、国の機関である食品医薬品安全処は菓子の安全性に関する質問に関し「現在確認中」と繰り返している状態だという。実際にこの菓子を食べたことがあるという人からは、「液体を飲んだり手で触ってはいけないとカップに書いてあったとし、店に並んでいる時にも、液体を飲まないように注意を受けたという…。数年前から大人気と言うのに今頃事故のニュースと言うのも不思議だが…。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年08月07日 10:02 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp