韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  愛国心が強い中国人にはショック? 中国スマホに日本の部品が

愛国心が強い中国人にはショック? 中国スマホに日本の部品が

現在の中国では多くの人がスマートフォンを所有している。若者はもちろん、子どもから高齢者までスマホを手にしている姿を目にする。数年前までは米アップルや韓国のサムスンなど海外メーカーのスマホが多く見られたが、最近では中国メーカーのスマホが台頭してきており、人気を集めている。
 
中国メーカーのスマホはもちろん中国製なのだが、果たしてどれだけ純粋な中国製なのだろうか。中国メディアの今日頭条は1日、中国製のスマホについて、「どれだけの部品が正真正銘の中国産なのか」を考察する記事を掲載し、多くの中国人が持っている中国産スマホについて考察している。
 
記事はまず、「ディスプレイ」について、中国メーカーもスマホ用ディスプレイの生産を行なっているものの、ハイエンドの機種を中心に韓国や日本メーカーのディスプレイが採用されていることを紹介。さらにスマホの頭脳に当たる「CPU」について、「独自にCPUを開発して使用している中国のスマホメーカーもあるが、ほとんどのメーカーが米国メーカーのCPUを使用している」ことを紹介した。




また、中国でもスマホでの自撮りを好む人が数多くいるが、スマホに搭載されているカメラにとって必要不可欠なイメージセンサは「中国メーカーのスマホのほとんどにソニー製のイメージセンサが搭載されている」ことを紹介。つまり、中国製のスマホと言っても実際には日本や韓国、米国の部品が数多く搭載されていて、「純国産のスマホは存在しないことは明らか」だと伝えた。
 
これに対して、中国のネットユーザーからは、「純国産なのは筐体だけじゃないか」、「そんなに日本製の部品が使用されているなんて知らなかった」といった声が寄せられていた。中国には愛国心が強い人も多いが、愛国心から中国メーカーのスマホを購入していたとしたら、確かに複雑な気持ちになるのかもしれない。
http://news.searchina.net/

【管理人 補足記事&コメント】
iPhoneには日本メーカーの部品が大量に搭載されていることは周知のとおりだが、日本メーカーの部品が支えているのはiPhoneだけではない。コストパフォーマンスの高さで近年、著しい成長を続けている中国メーカーのスマホも同様に日本メーカーの部品を使っている。日本メーカーの部品を搭載することがスマホの競争力向上につながるということであり、日本製の部品から離れることができない。日本メーカーの製品は最終製品としては、価格競争力などの点から中韓企業に負けるケースもあるが、スマホに搭載される部品に見られるように技術力という観点では今なお世界をリードする水準にある。

製品となるとコスト競争となり、大量受注出来る大企業と日本と比較すれば低い人件費で、製造原価が低いのでは、世界製品として勝負するのは難しい。だが部品となると、日本の中堅企業にとってはありがたいわけで、中小企業雇用率70%の国であるから、部品で世界製品に貢献してこそ、70%雇用の意味が出てくるわけで、韓国の9割近い中小企業からは考えられない事となる。日本の中堅企業は、さらに規模の小さい傘下の小企業に仕事を依頼するわけで、この連携した対応力が日本の自国民経済を支え内需活性化の糧となるわけで、なおかつ技術力と言う側面で中堅企業の役割は大きい。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年08月07日 11:37 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL