韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国のコンビニ数 人口当たりで日本の1.5倍

韓国のコンビニ数 人口当たりで日本の1.5倍

韓国でコンビニが急速に増え、人口当たりの店舗数が日本を超えたことが8日、分かった。関連業界によると、昨年末時点での韓国のコンビニ店舗数(上位6社)は3万4376店舗となった。人口1491人当たり1店舗のコンビニがあることになる。今年3月末時点での日本のコンビニ店舗数は約5万6160店舗。人口2226人当たり1店舗となり、韓国が約1.5倍多い。

韓国で初めてコンビニが出店されたのは1989年5月で、セブンイレブンがソウル市内に1号店を出した。その後コンビニは消費行動の変化により、デパートや大型スーパーなどの小売業の成長が鈍化する中、1~2人世帯の増加や急速な高齢化などを背景に「一人勝ち」を続けている。7月末時点での店舗数はCUが1万1949店舗で最も多く、GS25が1万1911店舗、セブンイレブンが8944店舗、ミニストップ2401店舗、イーマート24が2247店舗となっている。




一方で店舗数が急速に増えたことで、1店舗当たりの売り上げの減少や経営環境の悪化などの弊害も出ている。だが、業界では主なコンビニの新規出店競争は当分続くと見ている。全国に6万~7万店舗ある個人経営の小規模スーパーの中にはコンビニへの転換を希望する店主が少なくなく、今後4~5年間はコンビニ数が増えるとみられている。

コンビニ業界関係者は「多くの問題があるが、まだ店舗当たりの売り上げは日本の4分の1程度に過ぎず、1~2人世帯の増加に伴う近距離少量購買パターンの拡大などの傾向を考えると、コンビニ市場の成長は当分持続する見通し」と話した。
http://www.chosunonline.com/

【管理人 補足記事&コメント】
一方で、韓国でコンビニエンスストアのアルバイトが「極限のバイト」と呼ばれている。ハンギョレ新聞が、コンビニバイト経験者が挙げた「困った客」の四つの例を報じている。 まず一つ目。コンビニのバイトも親にとっては大事な子ども、それなのに人に対する最低限の礼儀も示さない「おやじ」たちだ。「マルラ(マールボロライト)一つくれ」と「ください」もなしにぶっきらぼうに注文してお金を投げるように払う姿を見ると、たばこを投げ付けてやりたくもなるという。

二つ目。窃盗やセクハラも頻繁に起こっている。中には堂々と「ここの社長と友達だから焼酎1本くれ」と詐欺を働く窃盗犯もおり、彼らはバイトが代わりたてのコンビニを狙っているという。またバイトが女性の場合、レジでそっと手を触れたり、電話番号を聞いたり、なんと肩や足をマッサージしてくる客もいるそうだ。 三つ目。深夜0時を回ってから来る客の10人中9人は酔っ払いで、彼らはかなりやっかいな客だという。彼らが主に買い求めるのは「二日酔いドリンク」と「カップラーメン」で、ふらついて商品を床に落としたり、カップラーメンを食べこぼしたり…深夜一人で店を任されるバイトの仕事はなかなか大変だ。

四つ目。小学生のグループが来た後の店内は廃墟のように散らかるという。お金がないからちょっとしたお菓子を買って食べて行くのだが、中高生のように数人ではなくクラスの半分にもなるのではという人数が一度に押し寄せるため、バイトはその片付けに追われてしまうというのだ。 つまり「相手にしたくない面倒な客」、これこそがコンビニのバイトを「極限のバイト」たらしめる理由だと伝えている。民度の低さであるから、日本の人口比で1.5倍ものコンビニが増えて、増えた分問題も増えるという事になる…。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年08月08日 10:16 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL