韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国自動車業界8月危機説が拡散

韓国自動車業界8月危機説が拡散

韓国の輸出の30%を担っている自動車産業に危機の影が濃厚に立ち込めている。中国の高高度防衛ミサイル(THAAD)報復にともなう販売不振、労組のスト、韓米自由貿易協定(FTA)再協議に続き通常賃金訴訟まで加わった。 ソウル中央地裁は17日に起亜(キア)自動車の通常賃金訴訟1審判決を下す。起亜自動車労組などは「賞与金も通常賃金に含めてほしい」と2度訴訟を提起している。

韓国自動車産業協会のキム・ヨングン会長は7日、「韓国の自動車産業の命運を分ける分岐点になるかもしれないと言えるほど起亜自動車の通常賃金関連判決の意味は格別だ」と評価した。 労働者が受け取る月給のうち通常賃金に分類される項目が重要な理由は、通常賃金が法定手当て(年次月次、延長労働、休日手当てなど)の基準になるためだ。したがって賞与金が通常賃金に含まれる場合、会社が労働者に支給しなければならない各種手当ても一緒に金額が大きくなる。




もし起亜自動車がこの訴訟で敗訴する場合、経営に相当な負担を与えるほど支給金額が多い。起亜自動車労組が提起した集団訴訟によると、2008年8月から2011年10月までの3年間に受け取った年750%相当の賞与金が通常賃金に含まれれば起亜自動車は組合員に6869億ウォンを追加支給しなければならない。2011年10月~2014年10月に支給した賃金にも別の訴訟が起こされているが、起亜自動車が敗訴すれば約1兆1000億ウォンを支給しなければならない。また、通常賃金は退職金算定の基準になるが、会計評価基準上、退職勘定にも別途の金額を追加で積み増ししなければならない。

これを総合すれば起亜自動車は2015年12月基準で最大3兆1000億ウォンの費用を出さなければならない。起亜自動車の上半期の営業利益は7868億ウォン。追加支給額のうち半分だけ引当金として積み立てても起亜自動車はすぐ赤字企業に転落する。
http://japanese.joins.com/

【管理人 補足記事&コメント】
韓国の企業業績が厳しくなるほどに、数量シェアを求める。結局価格を下げて対応するしかないわけで、この時点で利益はなくなる可能性もある。現代・起亜自の低迷は今年始まった事ではない。この数年間で必至な状況と考えれば、実は赤字であったというのはよくある話となる。業績を良く見せる事ばかりが先走り、現実は赤字決算であったというのは日本企業でもあるわけで、韓国では隠蔽工作ばかりであるから、なおさらとなる。

今年利益が出ているという事自体が異常である、中国で60%販売が減少し、数合わせだけでも必死である。さらに言えば、自国内販売とて自動車ローンをよく調査したほうが良いだろう…。実は売れたことになっている事例は多々あるのではと考えるが…。一方でローン返済もままならない事例もあるわけで、家計負債において不動産ローンばかりに目が向けられているが、自動車ローンの実態はかなりひどいのではと予想するが…。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年08月08日 11:01 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL