韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  日本には「中韓の既存技術を超越」する、神秘的な「黒技術」がある!

日本には「中韓の既存技術を超越」する、神秘的な「黒技術」がある!

日本経済は緩やかながらも回復傾向が見られるというがが、著しい経済成長を続けている中国から見ると、日本経済はバブル崩壊後ずっと低迷し続けているように映るようだ。では、日本には成長の起爆剤となりうる技術はないのだろうか。中国メディアの捜狐はこのほど、日本には米国人すら驚かせる技術があると伝える記事を掲載。日本の「黒技術」、直訳すればブラックテクノロジーとなるが、「神秘的かつ画期的で開拓精神を持ち、既存の科学技術を超越する技術」が日本にはあると紹介している。
 
記事は米メディアが日本には優れた技術があると報じたことを紹介し、その報道で取り上げられた技術の1つとして「燃料電池自動車(FCV)」を紹介。現在、FCVを生産しているのは世界でもごく少数で、その多くは日本企業であることを伝えた。FCVはその名のとおり、燃料電池で発電し、動力とする車であり、トヨタやホンダが水素を燃料とするFCVを実用化している。水素ステーションの整備という課題はあるものの、非常にクリーンな車として世界的に注目されている。
 




次に挙げたのは「新幹線とリニアモーターカー」だ。新幹線は1964年に開業した世界初の高速鉄道であり、当時は確かに「神秘的かつ画期的で開拓精神を持ち、既存の科学技術水準を超越する技術」だったに違いない。だが、今は中国や韓国も高速鉄道を持つ時代となっている。一方、日本は2027年にリニア中央新幹線を開業させる計画であり、この技術はまさに「中韓における既存の科学技術水準を超越する技術」と呼べるだろう。
 
ほかにも記事は、「血圧、尿淡白、体重や体脂肪率が測れ、ノズルの位置を自動で調整してくれる温水洗浄便座」や「ホテルのフロント業務を担うロボット」など、様々な技術を紹介し、日本にはブラックテクノロジーが山のようにあると伝えている。中国経済に比べ、確かに日本経済の成長は緩慢であり、少子高齢化など構造的な問題も非常に多い。だが、問題が山積しているからこそ、問題を解決するための技術も生まれるのであり、日本には成長の起爆剤となる技術が今後も生まれる素地があると言えるだろう。
http://news.searchina.net/

【管理人 補足記事&コメント】
水素ステーションについては、2020年度までに320ヵ所程度の増加と、これまでの4倍の設置数を目標としている。これは、2030年時点で目標としている80万台程度の燃料電池自動車を問題なく運用するには、標準的な設備の水素ステーション換算では900基程度が必要と考えられているためである。水素ステーション1ヵ所単位で計算すると、1ヵ所につき、2~3基の設備が備わっている状態と言える。燃料電池自動車は注目を集めている技術ではあるが、その普及活動は始まったばかりと言える。

一方で、事故による車両炎上などによって水素タンクが炎に包まれてしまった場合、水素タンク内の圧力が高まって爆発を起こさないよう、水素タンクに取り付けられた溶栓弁から、水素を外部に放出できるようにしてある。その際の水素の放出の向きも車体後方かつ地面に斜めに向かって放出されるようになっている。とはいえ水素であるからやはり問題となるのは事実。いずれにしても今後の技術如何という事になるが、コスト面と安全面をクリアしても、車の性能或いは乗り心地等々、抱える問題は山祇となる。



最新記事要約


関連記事

ブログパーツ
[ 2017年08月08日 11:17 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp