韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国人の「ベンツ高級車への愛」、本国ドイツより売れた

韓国人の「ベンツ高級車への愛」、本国ドイツより売れた

今年上半期(1~6月)にメルセデスベンツ自動車の高級モデルの販売台数で、韓国がベンツの本国であるドイツを上回ったことが明らかになった。先月浮き彫りになった排出ガス低減装置の操作論議を乗り越えて、ベンツの上昇の勢いが続くかどうかに注目が集まっている。

7日、メルセデスベンツコリアによると、上半期に韓国市場でベンツは計3万7723台売れた。昨年上半期より54%伸びた数値であり、全世界の国別販売台数では5位にあたる。韓国よりベンツが多く売れた国は、中国、米国、ドイツ、英国の4ヶ国だけだ。特にEクラスやSクラスなどの高級モデルで韓国人のベンツへのこだわりがとりわけ目立った。韓国内販売価格が約6000万ウォンから1億ウォンまでとなっているEクラスの場合、上半期に1万8453台売れた。中国や米国に次ぐ販売台数は3位であり、ドイツ(4位)よりも多い。価格は1億ウォン台半ばからとなっているSクラスの販売台数も、韓国がドイツより多い3位となっている。




ベンツの人気が続くかどうかは、ドイツで起きた排出ガス低減装置の操作議論がどう決着がつくかにかかっている。7月の輸入車販売台数でベンツは5471台で首位の座を守った。打撃がなかったわけではない。上半期に輸入車車種別販売ランキングで首位に立ったベンツのディーゼルモデル「E220d」は、先月はレクサスのハイブリッドモデル「ES300h」に押されて2位となった。ベンツは、本社はもとより韓国でも素早く動いている。

ディーゼル車の排出ガスソフトウェアのアップグレードを欧州だけでなく、韓国でも実施することにした。また、排出ガス低減装置のさらなる改善案を今年10月までに出す計画だ。輸入車業界の関係者は、「ベンツが欧州はもとより、韓国でも積極的な対応に乗り出したことで、2年前のフォルクスワーゲンのディーゼルゲートの時より打撃は少ないとみられるが、操作自体が事実と判明すれば、その影響は予想より大きいだろう」と話した。
http://japanese.donga.com/

【管理人 補足記事&コメント】
韓国輸入自動車協会(KAIDA)によると、韓国のベンツ販売台数は2万4877台、BMWは1万8115台と前年同期比でそれぞれ48.0%、32.4%増加した。一方の日本はベンツが同0.7%増の2万1365台、BMWが2.2%増の1万5818台が売れた。韓国の人口が5000万人程度であることを踏まえると、両ブランドの人気は非常に高いと言える。今年1~4月の韓国での輸入車販売台数は前年同期比1.6%増の7万5017台。日本は4.6%増の9万6877台だった。韓国ではフォルクスワーゲン(VW)の俳ガス不正問題などでVWと傘下のアウディの販売が激減。同じドイツのベンツとBMWの販売が大きく増えた。

原因は韓国の輸入車市場でアウディとフォルクスワーゲンなど一部輸入車が認証取り消しにより販売が禁止され、輸入車需要がベンツとBMWに集まったためと分析される。だがこれだけでは説明にならない部分が多い。 中央日報は、ベンツの場合、韓国は1-3月期基準で中国、米国、ドイツ、英国に次いで世界5位の市場だ。中国の場合、ベンツがBMWとともに現地企業と合弁工場を設立して車両を生産・販売していることを考慮すれば、韓国はベンツのアジア最大、世界4大市場であるわけだとした。韓国で日本と比較して欧州の高級車が多く売れる理由は、国産車のうちまだベンツやBMWと肩を並べるほどの高級車の種類が多くないという点がある。 日本はレクサスなど高級車やこれに準じた車が相対的に多いが、韓国は現代・起亜自動車の最高ブランドでは力不足だ。

一方で、大多数の日本人は小型車を好むが、韓国は相対的に中型・大型車の割合が大きい。韓国自動車産業協会によると韓国は160cc以下の小型車の販売割合が33%水準だが日本は韓国の2倍の66%に達する。輸入車業界関係者は「韓国人の相当数はまだ車両を身分の象徴と考える傾向があり、中型・大型車と輸入高級車市場が大きいと分析される」と話す。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年08月09日 10:02 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL