韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  現代自動車「ジェネシス」 米国進出から1年でシェア13%超

現代自動車「ジェネシス」 米国進出から1年でシェア13%超

韓国・現代自動車の高級車ブランド「ジェネシス」の「G80」が昨年8月に米国市場で発売されてから今年7月までに計1万7206台販売されたことが9日、分かった。月間販売台数は発売直後の昨年8月に2410台を記録し、その後は1000台以上を維持している。

昨年9月に発表した最高級モデル「G90」(韓国名:EQ900)は先月までに計3483台販売された。月間販売台数は300~400台程度。両モデルを合わせると、ジェネシスは米国に進出してから1年で合計2万689台を販売したことになる。7月の販売台数はG80が1341台、G90が305台で計1646台を記録した。前年同期比では約8.3%減少したが、米国の自動車市場が低迷しており、善戦したと評価される。




ジェネシスの市場シェアも少しずつ拡大している。米国市場でG80はベンツのEクラス、BMWの5シリーズなどと、G90はベンツのSクラス、BMWの7シリーズなどと競合する。両モデルを合わせた中大型高級車市場でジェネシスは今年1~7月、全販売台数15万5653台に対し、13.3%のシェアを記録した。このまま推移すれば、今年の年間シェアは10%を超える見通しだ。昨年は9.6%だった。

米国は高級車市場における最大の激戦地であり、ジェネシスが今後ブランド力をさらに高めるための重要な市場だ。そのため同社は新モデルを発売してラインナップを強化するとともに、販売網を現代から独立させるための作業を続けている。まずジェネシスは中型セダンの「G70」を来月韓国で発売した後、来年の初めに米国市場で販売する計画だ。また来年には米国での独立した販売網の運営を開始し、そのための事前作業として最近国内に専門の事業部を新設した。将来的にはスポーツタイプ多目的車(SUV)や電気自動車(EV)など多様なラインナップを用意し、米国を含む世界の高級車市場での存在感を高める方針だ。
http://www.chosunonline.com/

【管理人 補足記事&コメント】
60年代のアメリカでは、車は売ったら売りっぱなしで、アフターサービスの概念はありませんでした。正規ディーラーであっても交換する部品がなかなか入手できないということもしあった。そこで日本の自動車メーカーは、日本流の販売・サービス体制をアメリカでも展開することにした。部品の在庫管理を実施し、自動車王国アメリカにおいて絶大な信頼を獲得し、年々販売台数を増やしてきた。一方の韓国はアメリカ人にとっては必要不可欠な装備を備えている。またラインナップの多さで、ある程度の数を販売してきた。ところが品質低下によるクレーム多発で自滅したことになる。

デザイン重視のパクリと言われても、程々売りさばいてきた現代自である。アメリカで今現在10%減少し、新工場を建設稼動もあるわけで、それは中国工場にも言える。まして中国では50%近い減少なわけで、数量確保で販売価格を下げていることを考えれば利益どころではないはず。数量シェアすらおぼつかない状態だ。負債も多いが、内部留保金も使い果たしたのではないか…。内部留保金といえば、サムスンにも言える。投資で大半使ったはずである。

現代自動車「ジェネシス」程度のニュースを掲載するのがやっとである。
今の韓国メディアは経済ニュースネタを探すのも一苦労となる。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年08月09日 10:46 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL