韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  日本の自動車は、どうして中国でよく売れる?

日本の自動車は、どうして中国でよく売れる?

モータリゼーションの波が押し寄せて、世界一巨大な自動車市場となった中国の自動車市場。国内外のブランドがシェア獲得に向けてひしめくなか、日本のブランドは一定の地位を確保している。中国メディア・今日頭条は4日「日系車はどうして中国市場でよく売れるのか」とする記事を掲載した。
 
記事は「中国市場において過去数年の潜伏と低迷を経験したトヨタ、ホンダ、日産といった日本の大手自動車ブランドが回復傾向にある」としたうえで、回復を実現できた理由について外的な要因、内的な要因の両方から分析している。
 
まず外的な要因については、韓国がTHAAD配備問題で、インドが国境問題で中国と激しく対立するなど、中国と周辺国を巡る新たな対立が生じたことにより、日本との対立ムードが相対的に和らいだ点を挙げた。また、政治的な問題で打撃を受けた韓国車が大きくシェアを下げ、その最大の受益者が日系ブランドとなっているとも説明した。





そして、内的な要因としては「2012年の尖閣諸島国有化などの影響でシェアを落とし、危機感を抱いた日系各社が中国における経営戦略を全面的に見直し、中国の消費者をターゲットにした製品を開発し、現地生産する方向性へと転向したこと」、「製品戦略をより積極的に展開し、技術面においても設計面においても保守的な姿勢を改めたこと」の2点を挙げている。
 
中国市場を相手にしたビジネスでは、政治的な関係の変化による影響が売れ行きを少なからず左右することは否めない。しかし、中国で売れるかどうかの根本的な部分は、やはり中国人消費者の心をつかめるかどうかのようだ。記事を読んだ中国のネットユーザーからも「日本車にはすでに十数年という市場での評判がある」、「やっぱり、国民から認められているからだろう」、「いい車は省エネで壊れにくい車」といったコメントが多く寄せられている。
http://news.searchina.net/

【管理人 補足記事&コメント】
中国のポータルサイト・今日頭条は中国の自動車市場で日本車がよく売れる理由について分析する記事を掲載した。4月の中国自動車市場における日系車の販売台数上位10車種のうち、6車種が前年同期比で販売台数増となったが、そのうちホンダ・シビックが183.58%と大幅増になった。販売台数1位となったのは、日産・シルフィーで2万9683台、2位は前年同期比で9.78%減となったトヨタ・カローラ、3位は先月6位から上昇したホンダ・CR―Vで1万9714台だった。

「日系車は市場におけるターゲットをサラリーマンに絞っている」ことが成功につながったとしている。故障が少なく、車体が軽くて燃費が良いため、人気を集めたとした。また、自動車の三大主要部品であるシャーシ、エンジン、トランスミッションのうち、日本車のエンジン技術の高さは誰もが認めるところである。一方、無段変速機(CVT)については反応の遅さが見られるものの、これはCVT共通の病であり仕方がないとした。

中国における販売台数を見ると、日産・トヨタ・ホンダの3社はともに1-7月期で70万台を超えている。韓国系は1-6月で43万台であるから、その低迷差が歴然である。この時点で今年は取り戻すは無理であるから、如何にダメージを少なくするのかしか方法はない。大半がSUVであるから、そこに特化した販売戦略でしかないだろう。現実をれを実施しているにもかかわらず伸びないわけで、あとはサービス強化しか方法はなさそうだが…。一方で現代モービスは好調である。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年08月09日 11:25 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(1)
結果オーライ
かつて自転車大国だった中国の都市内交通手段が国の政策で
自動車に替わった。これに同期して大気汚染問題が深刻化。
なので、台数を伸ばすのは中間層人民も買える小型の経済車。
日本メーカーのラインナップの中にこの需要にマッチする
車種があったということです。
日本車が売れたのは、結果オーライ。
[ 2017/08/09 12:42 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp