韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  わが国が誇る世界最速スパコンが日本に抜かれてしまう!

わが国が誇る世界最速スパコンが日本に抜かれてしまう!

国家間に大きな格差を生み出すとまで言われる人工知能(AI)。その開発競争はすでに世界中で始まっている。また、中国はスーパーコンピューターの分野で世界を大きくリードしているが、日本にはAI分野に特化した世界最速のコンピューターを作る計画がある。
 
中国メディアの猟雲網は4日、日本は中国のスパコンをはるかに越えるAIスパコン「人工知能処理向け大規模・省電力クラウド基盤(ABCI)」を作ろうとしていると伝え、1秒当たりの浮動小数点演算回数で130ペタFLOPS(ペタフロップスは毎秒1000兆回の浮動小数点演算能力)を目指す日本のABCIについて紹介している。
 
記事はまず、日本が2018年4月を目標に、人工知能処理向け大規模・省電力クラウド基盤(ABCI)を完成させようとしていて、完成すれば現時点で世界最速のスパコンである中国の神威・太湖之光を超える演算速度を持つことになると警戒感を示した。





続けて、専門家の見解として、現在のスパコンは個人向けのコンピューターの100万倍ほどの性能を持ちで、一般のコンピューターが3000年掛かって計算することを、スパコンならば1日あれば計算できるとし、ABCIは車の自動運転技術、ロボット、医療診断技術に応用でき、こうした分野の発展を加速させることができる見通しだと伝えた。
 
記事が指摘しているとおり、スパコンの性能ランキング「TOP500」の2017年6月版で世界最速のスパコンは中国がスパコン「神威・太湖之光」だ。しかも、神威・太湖之光には中国製のマイクロチップが使用されている。また、同じく中国の天河2号は世界2位となっており、スパコン分野で中国はまさに圧倒的な強さを見せているが、日本が神威・太湖之光を超える性能を持つスパコン開発に乗り出す計画であることは、中国にとっては確かに脅威であろう。
http://news.searchina.net/

【管理人 補足記事&コメント】
日本は2018年初頭までに130ペタフロップス(半精度)のスーパーコンピュータをABCI(AI Bridging Cloud Infrastructure)と呼ばれる195億円のプロジェクトの一環とし導入する予定だ。経済産業省は、中国や韓国との競争が激化している国際市場において、日本の技術先導力を高めるためにこのプロジェクトを開始した。この話題を提供したロイター通信は、AIとビッグデータの問題において、日本がデジタル馬力の一部を協調的に利用するように外部委託すると報告している。日本はこのシステムを3MW未満の電力と1.1以下のPUEで構築しようとしている。これにより、日本の現在のフラグシップ・スーパーコンピュータであるOakforest-PACSよりも高い効率となるだろう。この富士通/インテルのシステムは最新のTOP500リストで6位に位置し、13.55 ペタフロップス(ピークで24.9ペタフロップス)のLINPACK性能を誇り、2.72MWの電力を使用している。

ABCIの推進機関である産業技術総合研究所(AIST)は、環境温水冷却、大型リチウムイオン電池と高効率電源との組み合わせにより、この高度高効率を達成する計画だ。計算機アーキテクチャはコモディティ部品をベースとし、アクセラレータによるアプローチを採用する予定だ。ABCIスーパーコンピュータは東京大学の柏キャンパスに設置される予定で、動的デプロイメント、コンテナベースの仮想化プロビジョニング、マルチ・テナント・パーティショニング、および自動障害復旧機能を組み込んだクラウド基盤として運用される。アカデミックおよび商用R&Dの両方に利用される。

一方で、19日に発表されたスーパーコンピューターの省エネ性能を競う国際ランキング「グリーン500」で、東京工業大学が今年8月に稼働する予定の「TSUBAME(ツバメ)3.0」が世界一になった。2位はヤフージャパン、3位は産業技術総合研究所、4位は理化学研究所で、上位4位までを日本のスパコンが独占した。グリーン500はスパコンの消費電力1ワットあたりの計算速度を競う。ツバメ3.0は1ワットで1秒間に約141億回の計算を達成した。省エネ性能の高い米国製GPU(画像処理半導体)を使うほか、空気と水を組み合わせた最新の冷却システムを採用した。




最新記事要約


関連記事

ブログパーツ
[ 2017年08月09日 11:54 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(1)
世界一のスパコンっつったって神威太湖之光は..
 コンペに勝つ為だけに作られた
ようなマシンであって、実際には様
々な現場で使えるような代物な
んでしょうか?

 素人だから良くは分かりませ
んが、 人間に例えたら、 人海戦
術をやってるようなモンでしょう
? それって実用に供する道具
と言えるのかどうか?

 動かすのに、 専用の発電所が
必要なんじゃないかとか聞きま
すしね。

 研究や、 産業、 学術に役立た
なければ、 国威発揚以外に意味が
ないと思いますがね。

 日本の液冷式の実用化は凄いと
思いますね。

[ 2017/08/09 12:55 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp