韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  ダイハツ小型車に、こんなカワイイ自動車なら中国でも「売れる!」

ダイハツ小型車に、こんなカワイイ自動車なら中国でも「売れる!」

中国では自動車はまだまだ社会ステータスを示すツールの1つ。豪勢で大きい車を好む傾向が見られ、コンパクトな自動車はあまり普及していない。日本はその逆であり、コンパクトかつ実用性の高い自動車のニーズが市場の大きな部分を占めている。女性や主婦向けのかわいらしいデザインにも事欠かない。

中国メディア・今日頭条は2日「どうしてこんなに萌える小型車が中国にはやって来ないのか」とする記事を掲載した。記事は「日系ブランドは小さな車を作るのに長けている。重要なことは、日本の軽自動車は単に足代わりの道具というわけではなく、超カワイイデザインのものもあるのだ」としたうえで、その例としてダイハツ自動車のムーブキャンバスを紹介した。




寸法は軽自動車の規格に合った長さ3395ミリ、幅1475ミリ、高さ1655ミリ、排気量も軽自動車の規格いっぱいの660ccでCVT変速機を搭載しているとし、「これは高速道路の制限時速が100キロの日本では十分。カワイイ路線を走り、ターゲットにしているのは若い女性であるため、デザインがかわいければそれでOKなのだ」と評している。

また、色に対するこだわりが強い女性のニーズを考慮して18種類のカラーパターンが用意されていることを紹介し「クルマ選びがまるで口紅選びのように楽しくなる」とした。さらに、後部座席のスライドドアや、空間効率の高さ、シンプルでスッキリとしたインテリアながらも荷物や小物を置くスペースが十分に確保されていることなど、小さな子どもを持つ女性にとっても魅力的な自動車であることを伝えた。
http://news.searchina.net/

【管理人 補足記事&コメント】
ダイハツは、スズキと1、2を争う軽自動車の販売台数を誇っている自動車メーカーで、本社は、大阪府池田市にあり、現在はトヨタグループ傘下となっている。女性に親しみやすい車種や、日本国内の取り回しに優れた軽自動車中心のラインナップが特色だ。ダイハツの軽自動車は、1931年より量販自動車を製造している長い歴史に裏打ちされた信頼性の高さがあります。ダイハツ・ムーヴカスタムは、ノーマルと比較してスポーツサスペンションや、タイヤの15インチ化(RSグレード)フォグランプ周りのLED化など、様々な装備が施された上級モデルとなる。

駆動方式はFFと4WD、エンジンなどは共通で3気筒DOHC DVVTでNAが出力52PS、トルクが6.1kg・mで、ターボが64PS、9.4kg・mというスペックになっています。トランスミッションはCVTのみ。2017年に新型が販売されたばかりのミライースの一番の特徴はその車重にある。本体重量わずか640kg(FFベースグレード車)の車重は、軽量高剛性ボディの【Dモノコック】と、外装パーツを一部樹脂化するなど徹底的な軽量化を実現した。形のみならず安全・走行性能も十分である日本の軽自動車。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年08月10日 18:58 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL