韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  サムスン、白血病被害者側弁護人に数十万ウォンのチケットを随時贈る

サムスン、白血病被害者側弁護人に数十万ウォンのチケットを随時贈る

サムスングループ未来戦略室が、白血病被害者を代理する弁護人に高価な公演チケットを持続的にプレゼントするなどグループ次元で管理してきた事実が明らかになった。当該弁護士はサムスン半導体被害者の一部が属する「職業病家族対策委員会」(家対委)を代理する弁護士であるため、“不適切な管理”という批判が出ている。特に当該弁護士は現在、中立的立場でサムスン半導体生産ラインを総合診断しなければならない「オンブズマン委員会」の常任顧問も務めている。

8日、検察と特検などを通してハンギョレが確認したチャン・チュンギ前未来戦略室次長(社長)などのテキストメッセージによれば、チャン前社長は昨年サムスン半導体被害者を代理しているパク弁護士に何度も高価な公演チケットを贈ったものと確認された。 パク弁護士は昨年7月チャン前社長に「社長がいつも贈って下さる芸術の殿堂などのチケット、お陰様で豊かな文化生活を送っております」というテキストメッセージを送った。次いで「社長が関心を持って下さるお陰で『サムスン白血病オンブズマン委員会』も首尾よく予防対策のための正常な経路に向かっている。今年から3年間の活動で適切な成果を出すものと予想され、私も常任顧問としてそれなりの役割をしている」と説明した。




パク弁護士が常任顧問として参加している「オンブズマン委員会」は、2007年3月サムスン電子器興(キフン)半導体工場に勤務していたファン・ユミさんが急性白血病で死亡した後初めて、被害家族とサムスンが合意して昨年1月に立ち上げた災害予防のための「外部独立機構」だ。ファンさんが亡くなってサムスン半導体工場の職業病問題が世に知られはしたが、10年経っても被害者に対する謝罪と補償はまともになされなかった。2013年にサムスン電子とパンオルリム(半導体労働者の健康と人権を守る人)の交渉が始まり、サムスン電子の提案によって2015年の初めに調停委が設立された。

しかしサムスンは1000億ウォン規模の公益財団設立を盛り込んだ第1次調停勧告案を拒否し、独自の補償委員会を設けて補償手続きに入る。しかし結局「補償交渉」は決裂し、「災害予防」に先ず取り組むことで合意して設立されたのがオンブズマン委員会だ。サムスンと被害者家族が辛うじて合意にこぎつけただけに信頼性と中立性が重要な機構だが、常任顧問であるパク弁護士が「公演接待」を含めサムスン側と持続的な接触を持ったとすれば問題にならざるを得ない。
http://japan.hani.co.kr/arti/

【管理人 補足記事&コメント】
財閥の解決手段は金となる。韓流ドラマではないが、財閥連中の実施することは限られているわけで、面倒な小細工はしない。サムスン副会長が懲役刑を言い渡され、少しづつ問題点が明らかになっているが、訴訟問題のみならず、今後はずさんな経営にメスが入るのではと思うが…。高利益で伝えている大企業が部品企業に成り下がり、一方で半導体利益好調と言い張る。90%がスマホ利益で大きくなったサムスンが、スマホ利益の代わりに半導体なのか…。と言う単純なことである。スマホの前にはRAM主流だったわけで、当時サムスン会長が営業利益10%で線引きをしていたはず。

今の半導体では設備投資は不可欠で、その定期点検管理も大変である。同時に半導体と言えども、合否判定するのも半導体試験機となる。製造設備は日本企業だ。SEMESが製造し、韓国Samsung Electronicsの最先端(<20nmクラスの) DRAM量産ラインに多数導入されて、歩留まり向上に寄与しているつい最近となる。Samsung がこの種の製造装置を量産ラインに導入したことは、一部の半導体洗浄業界関係者の間では以前から知られていたが、当事者であるSamsungやSEMES自身は一切公表していないし、学会発表もしていない。いわば韓国業界紙のスクープ記事となっている。とはいえ日本の半導体設備はまだサムスンの主流である。

SEMES等の新技術は、日本の製造設備にも影響を与えるわけで、今後の課題ではある。韓国企業は製造設備は他国から導入するしかないわけで、莫大な投資費用となる。工場拡大するにしたがってその管理費は増大する。受注量が莫大でないと、とても無理な事業となる。従って白血病被害者の様に無理な作業が多発する。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年08月11日 09:57 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL