韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  陰りが見え始めた中国製造業、「今こそ日本のように」構造転換を

陰りが見え始めた中国製造業、「今こそ日本のように」構造転換を

世界の工場と言われてきた中国。中国製造業の規模拡大と技術レベルの向上は想像を超えるスピードで進んできたが、最近は一部で陰りも見えてきている。中国メディアの同順号は2日、「中国の製造業の出現は、40年前の日本にそっくりだ」と主張する記事を掲載し、高度経済成長末期の日本と現在の中国を比較している。

記事は、日本経済が第2次世界大戦後、すさまじい勢いで成長したものの、1973年のオイルショックによって経済成長が著しく低下し、日本は海外の資源に頼ることの危険性を認識したと紹介。その後、日本の製造業は資源消費型から技術集約型に転換していったとし、この過程はまさに現在の中国が置かれている状況と似ていると指摘した。

一方、中国はこれまで安価な人件費を強みとし、世界から外資を誘致したうえで低品質ながらも低価格な製品を世界中に輸出することで製造業を成長させた。しかし、その代償として環境破壊が進み、人件費が高騰している今、中国製造業は構造転換を迫られている。




記事は、日本がオイルショック前後から大量の資金を投じて、世界から先端技術の導入を進め、1975年には65年の4倍以上に当たる712億ドルもの資金を外国からの技術導入に投じたと紹介。これによって日本は電子産業を始めとするハイテク製造業への転換に成功し、ハイテク製造業は日本の製造業の地位向上に寄与したと指摘した。

さらに、大量の雇用を生み出してきた製造業は中国にとって経済発展のみならず、社会の安定という点にとっても重要な存在であることを指摘したうえで、今こそ中国はかつての日本のように製造業の高度化を実現し、新たな競争力の獲得のために前進していくべきであると伝えている。
http://news.searchina.net/

【管理人 補足記事&コメント】
中国経済の動きは、日本企業や他の世界企業の指導や投資などなどで、中国では先進国並みの経済発展の速度に追いつかずに40年前の日本にそっくりだと伝えつつも、先端技術を中国に伝達投資しているわけで、国が大きいだけに経済発展速度において、遅れた社会システムと言う側面を持つ。経済大国ではあるが、自国内のシステムでは、医療介護を含めた、様々な社会システムは追いつかずにいる。

まして環境汚染の度合いはひどく手がつかない状態だ。中国経済の維持は世界の安定にもつながる反面、中国経済の崩壊となると厄介となる。それだけに各国政府も対応には気を遣う。歴史的背景はあるにせよ、中国政府の動きの鈍化に加えて、自国で何とかしたい思惑があるのも事実。世界企業と協力してこそ乗り切れる難題が、自国で何とかできるわけではないが、それに気が付くには時間を要する。経済発展の途中で起こる問題であるから、認識させる必要がある。一方で、それ以前に中国政府事態が崩れそうである…。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年08月11日 11:12 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(2)
モノ不足とモノ過剰
何が違うかと言うと、
1970年代のオイルショックというのは、「モノ不足」、
そこから発生した効率改善を動機にした産業振興だった。
2010年代の中国の問題は「モノ過剰」、つまり生産過剰、在庫過剰。
中国は、まず重厚長大産業の体制立て直しでしょう。
[ 2017/08/11 12:32 ] [ 編集 ]
次に生産過剰と成る物は?
鉄鋼、船舶、太陽光パネル、中国内のマンション等は生産過剰としてよく知られているが、次に来る物は何だろう?
自動車、スマートホン、生活家電等も既に溢れているし、高速鉄道も限界だろう。
足りていない物は公害対策産業位では無いだろうか?

[ 2017/08/12 22:31 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL