韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  「投資の鬼才」の韓国未来に対する警告…「大きな危機が到来する」

「投資の鬼才」の韓国未来に対する警告…「大きな危機が到来する」

世界的な「投資の鬼才」と呼ばれるロジャース・ホールディングスのジム・ロジャース会長は11日「韓国の家計負債によって大きな危機が到来するだろう」と警告した。

ジム・ロジャースはこの日放映されたKBS(韓国放送)1番組『明見万里』に出演して「韓国式家族経営企業を財閥と呼んでいる」とし「これが本当に不思議な言葉だが、米国にはない」と話した。彼はウォーレン・バフェット氏、ジョージ・ソロス氏とともに「世界3大投資家」に挙げられる人物だ。

また、ロジャース会長は「韓国株式の時価総額30位のうち財閥系列会社ではない会社はただ5社だった」として「世界どの国も少数企業が国家経済の半分を占めることはない」と指摘した。




同時に、「つまり、韓国経済が3社にかかっていると言える」とし「だから、韓国に投資することができないのではないか」と反問した。 3日、ジム・ロジャース会長は記者会見で「韓国が統一される場合、全世界で最も魅力的な投資先になるだろう」と見通した。彼は「今直ちに韓国を投資先として関心を持っているわけではない」と話した後、その理由として「すでに高くなっている状態と考えるため」と話した。その一方で「もし統一されれば、世界で唯一魅力的な投資先になるだろう」としながら「7500万の人口、労働力、国境に接した中国のおかげ」と話した。

ジム・ロジャース会長は「韓国の若者たちは誰もが公務員を夢見ているが、このような場合は世界どこにもない」とし「私が懸念しているのは今後、韓国の人口も減り、借金もますます増えているが、皆が公務員になりたいと思っていること」と主張した。 また、「それでは、その借金は誰が返すだろうか。中国、ミャンマー、ベトナムとどう競争することができるだろうか。悲しいことだ」と付け加えた。
http://japanese.joins.com/

【管理人 補足記事&コメント】
財閥ドットコムは、サムスンや現代自動車を含む10大財閥の売上高と当期純利益が、国税庁に法人税申告をした企業約52万社の中で占める比率を集計した。ちなみに、大韓航空を擁する韓進グループは、調査時点の資産規模で財閥序列9位に入っている。 財閥ドットコムによると、10大財閥の2013年の売上高合計が全体に占める比率は24.8%、当期純利益だと41.9%に達するとした。中でも、サムスン電子の存在感は圧倒的となる。サムスン電子の2013年の当期純利益は、1社だけで全体の15.5%を占めた。韓国経済の中では財閥が圧倒的な存在感を持ち、その中でもサムスンが他を圧倒しているという構図だ。

過去を見れば、日本との国交正常化という形だろうか…。植民地支配に対する謝罪や賠償を勝ち取れないまま対日国交正常化に踏み切るという決断は、「屈辱外交」という強い反発を韓国内で生んだが、朴正煕大統領は戒厳令を敷いてまで押しきった。そして、日本から5億ドルの経済協力資金と技術の供与を受けることで経済成長の基盤を作った。その結果がこの状態となるのでは、すぐ他国に頼り他国の責任にする。結果、今の社会状態と化すわけで、自身の借金すら他人事である。今後財閥企業が倒産し、自身の負債に圧迫されて初めて自分の立ち位置が解る。それでも政府の責任と自国民は言うのだろう…。韓国の最後の祭りとなると、世界で類を見ない情けない姿となるが…。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年08月12日 18:49 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL