韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  台湾 >  親日教育のせいか・・・台湾人ばかりが日本を訪れるなんて不公平

親日教育のせいか・・・台湾人ばかりが日本を訪れるなんて不公平

日本を訪れる外国人の数が増え続けている。そのなかでも、中国人や台湾人など、中華圏から訪日する人が全体に占める割合は非常に大きく、日本の観光業界に与える経済効果も非常に大きい。

中国メディアの環球網は7日、台湾人が観光で訪れた日本で使ったお金は1000億台湾ドルに迫っていると伝え、「台湾人は日本にとって忠実な福の神だ」と主張する記事を掲載、台湾人の日本観光の状況について紹介している。

日本政府観光局によれば、2016年に日本を訪れた台湾人の数は416万7512人で、中国と韓国に次いで多かったが、台湾の人口が約2355万人であることを考えると、台湾の人口の約17%が訪日した計算となることから、いかに多くの台湾人が日本を訪れているかがよく分かる。





記事は、日本を訪れる台湾人が増えているだけでなく、日本で消費する金額も増えていることを伝え、台湾の蔡英文総統が打ち出したインフラ整備計画では日本企業の参画を期待する声があることも合わせ、「台湾人は本当に日本にとって忠実な福の神」という声があると伝えた。 一方、これだけ多くの台湾人が日本を訪れているものの、16年に台湾を訪れた日本人の数は190万人ほどにとどまり、人口に大きな差があるなかで2.26倍もの差が生じたと紹介し、「日本人が台湾を訪れないことは不公平」との見方もあると伝えた。

これに対して、中国のネットユーザーからは、「中国は台湾に富をもたらし、台湾は日本に富をもたらしている。まとめると、中国が日本に富をもたらしていることになる」、「これは台湾が行ってきた親日教育のせいだ!」といった意見が寄せられており、中国人ネットユーザーたちは台湾人が日本に親近感を抱くことに不快感を示していた。
http://news.searchina.net/

【管理人 補足記事&コメント】
1895年から1945年までの50年間、台湾は日本の統治を経験している。様々な意見はあるが、多くの台湾人はその時代のことを懐かしく感じているようだ。日本の軍人は厳しいが治安はとてもよかったという印象を持っている人が多い。そうした記憶のある年配の人だけでなく、若い人も日本の文化や製品が大好きである。日本の音楽・アニメ・ゲーム等が台湾の社会に浸透している。

毎年台湾人口の18%に当たる人が、日本旅行をしている。その理由として台湾人客中78%が2回以上日本旅行をしたことのあるリピーターであるというだろうか…。中にはリピート10回以上のつわものが約14%もいることに驚きとなる。台湾からは気軽に日本旅行を楽しむことができ、「ショッピング」、「体験」、「癒し」など何回も行きたくなる理由が多数存在している。

台湾人は日本の製品に対する高い信頼度をもっていることがうかがえる。医薬品や化粧品、歯ブラシなどの日常用品、家電、工芸品、食品までなどお土産に買ってきてほしいと言われるとか…。それほど日本の製品が気に入っているようで、日本旅行に行けば必ず大量に日本で買い物するという。




最新記事要約


関連記事

ブログパーツ
[ 2017年08月13日 09:49 ] カテゴリ:台湾 | TB(0) | CM(3)
台湾人がどこに行こうか..
 ♪ カラスの勝手でしょう~
と、 思いますがね。

 ましてや、 支那は台湾の『敵
国』なんだし。
[ 2017/08/13 10:36 ] [ 編集 ]
親日教育?
台湾で親日教育が行われているというのは嘘ですね。
台湾では、日本時代の良い面悪い面を公平に教えています。
それを踏まえて冷静に判断しているのでしょう。
嘘を交えながら反日教育だけをしている特アとは、そこが違うようです。
だけど反日教育の中韓からも、たくさん来るのはどうして?
[ 2017/08/13 11:58 ] [ 編集 ]
香港はどうなんだ
共産主義中国(中共)は国民の消費嗜好までコントロールしたいと見える。
海外観光は商品購入と同じで、各個人の好みで決まる。国が介入する
ことではない。
毎月の来日客数は中国50万人だが香港が20万人。香港で「親日教育」を
しているわけではなかろう。
[ 2017/08/13 21:20 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp