韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  日本の警報システムの凄さと日本人の防災意識の高さに驚く中国

日本の警報システムの凄さと日本人の防災意識の高さに驚く中国

中国は日本ほど頻繁に地震が発生するわけではなく、中国北部などでは生まれてから一度も地震を体験したことがないという人もいる。しかし、四川省で8日、マグニチュード7.0の地震が発生したことで、中国では改めて地震災害の恐ろしさに関心が高まっている。

中国四川省では2008年にも大きな地震が発生しており、それをきっかけに四川省の省都である成都市には「成都減災研究所」が設置された。今回、成都減災研究所は地震波が人口の多い都市部に到達する前にテレビなどを通じて、人びとに警戒を呼びかける情報を発信し、地震警報システムの有用性を示した。

中国メディアの観察者は9日、日本は地震が頻発する国であることは中国でも広く知られており、日本には非常に優れた地震警報システムがあると紹介している。




記事は、日本は全国に地震の観測ポイントが非常にたくさん設置されており、震源の位置や地震の強さ、揺れの範囲や地震波の
到達時間を瞬時に把握することができることを指摘。中国も08年の四川大地震以降は地震警報システムのカバー範囲を全土に広げたとする一方、「四川省で地震警報システムのカバー範囲となっている学校は全体の4%にとどまる」と紹介した。

また、日本では地震警報システムが社会のあらゆる主体と連携しているとし、たとえば携帯電話を持っていれば「どのキャリアを使用していても、緊急地震速報を受け取ることができる」と紹介。中国でも誰もがスマホや携帯電話を持つようになった今、このシステムは参考にすべきものだと指摘した。
http://news.searchina.net/

【管理人 補足記事&コメント】
中国大陸部では昨年5月25日までに、M5以上の地震が9回、M4以上が41回発生している。M5以上が約20回、M4以上が約100回という例年の平均値(通年)と比べると、今年の地震発生の頻度はほぼ同等と言える。新華網が伝えた。中国地震台ネットワークセンター長の潘懐文氏は、「世界的に見ると、2004年のスマトラ島沖地震の発生後、世界はM8以上の大地震が多発する時期に入った。国内を見ると、2001年に青海省崑崙山の西側でM8.1の地震が発生してから、中国大陸部ではM8以上の地震が2回、M7以上が4回発生しており、強い地震が多発する時期と言える」と指摘している。

中国地震局は18億5000万元を投資し、5年間で1万5510カ所に観測点を設け、全国に分・秒レベルの震度速報、重点エリアに秒レベルの地震警報サービスを提供すると人民日報が伝えている。中国地震局が1月18日に発表した情報によると、中国の第13次五カ年計画期間(2016−20年)の重大プロジェクト「国家震度速報及び地震警報」が初歩的な計画段階に入ったとし、計画によると、同プロジェクトは約5年で竣工。大震災発生時に、秒レベルの地震警報を発令可能だというが…。

数秒は「生死を分ける時間」であり、地震波が届く前に避難する時間を生む。同プロジェクト・チーフデザイナーの研究員は「破壊力を持つS波は、毎秒3.5キロで震源地から周囲に広がる。例えばS波は10秒で震源地から半径35キロ内のエリアに広がる。10秒ほどで地震警報を発令することで、S波が到着する前に貴重な避難時間を稼ぐことができる」と説明している。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年08月13日 10:02 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL