韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  韓国裁判所、半導体労働者の乳がんに初の「労災認定」

韓国裁判所、半導体労働者の乳がんに初の「労災認定」

裁判所がサムスン電子・ハイニックス半導体の協力会社で働いていた労働者の乳がんを、業務上疾病(労働災害)として認めた。また、裁判所は、勤労福祉公団がずさんな疫学調査を基に当該労働者の労災申請を受け入れなかったとして、「非常に不当な措置」だと指摘した。

ソウル行政裁判所行政6単独シム・ホンゴル判事は、不良の半導体チップを再加工するK社で5年余り勤務してから、2011年末に乳がんを発病したキム・ギョンスン氏(55)が勤労福祉公団に対し「療養不承認処分」の取り消しを求めて起こした訴訟で、原告勝訴判決を言い渡したと13日明らかにした。

シム判事は「キム氏が多少非正常な作業環境の事業場で勤務している間、エチレンオキシドなどの発がん物質を含めた各種の有害化学物質などに持続的に露出した状態で、夜間・延長・休日勤務を行っていた」とし、「このために乳がんが発病したか、悪化したと推測できる」と判決の理由を明らかにした。同社にキムさん以外に乳がんの診断を受けた労働者が3人もいるという点も、労災認定の背景となった。




特にシム判事は、業務上疾病の承認を判断する勤労福祉公団と産業安全保健研究院の疫学調査がずさんだった点も指摘した。シム判事は「公団が産業安全保険研究院に疫学調査を依頼した後、『エチレンオキシドガスへの露出量を確認するため作業環境測定を行い、再依頼しててほしい』という返信を受けてからも、何の処置もしなかった過ちがあるにもかかわらず、公団の過ちでずさんになった疫学調査を根拠に業務上疾病として認定しなかったのは、非常に不当な措置」だと指摘した。産業安全保険研究院の疫学調査についても「事業所が設立された後の2009年以降の資料だけを前提に行われており、キム氏が勤務した2006年9月~2009年8月までについては調査が行われなかった」として、「問題がある」と批判した。
http://japan.hani.co.kr/

【管理人 補足記事&コメント】
17年間、多発性硬化症で闘病中のサムスン電子LCD工場労働者の疾病が業務上の災害だという裁判所の判断が出された。 サムスン電子LCD工場の労働者が労災を認められたのは今回が初めてだ。 サムスン電子労働者の希少疾患(多発性硬化症)が労災と認められたのも初めての事例として記録されていた。そして7月には、サムスン電子LCD生産労働者の多発性硬化症が、1審に続き控訴審でも労働災害と認定された。ソウル高裁行政1部は、サムスン電子LCD生産ラインで勤務し稀少難病の多発性硬化症に罹ったキム・ミソンさんが勤労福祉公団を相手に「業務上災害であることを認定してほしい」として起こした訴訟で、原告勝訴判決を下している。

5月には裁判所がサムスン電子半導体工場労働者が患った希少疾患「多発性硬化症」を産業災害として認定した。サムスン電子半導体工程で「多発性硬化症」が労災として認められたのは初めてだ。裁判所は「発病原因が明確に究明されていない希少疾患であっても、現在の医学的研究成果を通じて病気の発生・悪化の原因とされる要素が業務環境や業務遂行過程に存在するなら、業務上疾病として認めるべきだ」と明らかにしている。 サムスン副会長が逮捕され、大財閥が弱る中で、次々訴訟問題は進展へと動くのだろう。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年08月14日 08:46 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL