韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  挺身隊問題対策協議会代表、日本入国の際に「目的は何か」調査受け

挺身隊問題対策協議会代表、日本入国の際に「目的は何か」調査受け

韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)の尹美香(ユン・ミヒャン)共同代表が日本の関西国際空港から入国途中、異例の調査を受けた後解放され、論議が起きている。日本軍「慰安婦」被害者問題解決の先頭に立ってきた尹代表と挺対協の活動を牽制しようとする日本政府の意図があらわになったのではないかという分析が出ている。実際、日本政府は昨年から自国と摩擦のあり得る韓国市民団体の関係者らに対する入国審査を一層厳しく強化したことが確認された。

13日、尹代表がハンギョレに説明した内容を総合すると、尹代表は先月11日午後2時、一人で済州航空便で金浦空港を発ち、関西空港に向かった。12~13日に大阪と東京で開かれる第5回世界日本軍「慰安婦」メモリアル・デーの行事に参加するためだった。韓日間のビザ免除の要件に該当する「90日以内の短期滞在」であるため、ビザの発給は特に受けなかった。関西空港に到着した尹代表が午後4時に入国審査台を通過して荷物を取りに行ったところ、関西空港関係者が「尹美香さん」と呼び立てた後、取調室に連れて行った。




尹代表が調査官に「どうして取調室に連れて来たのか」と聞くと、調査官は「観光に来たのかを確認しなければならない」と答えたという。続けて調査官は「日本に来た目的は何か」、「空港に誰が来ているのか」、「(出迎えの人は)日本国民か特別永住者(在日同胞)か」と尹代表の滞在日程や地域などを尋ねた。尹代表は30分ほど調査を受けた後、入国を許可された。

尹代表は「26年間日本を行ったり来たりしたが、このような調査を受けたことはなかった。侮辱感を感じ、日本にまた来たくないと思った。日本政府の狙いはこれか」と話した。キム・ドンヒ挺対協事務処長は「2015年12月の韓日政府の慰安婦被害者合意でいつかこのようなことが起こるだろうと予想していた。日本が韓日市民社会の連帯活動を萎縮させようとしているようだ」と分析した。
http://japan.hani.co.kr/

【管理人 補足記事&コメント】
日本では韓国の反日団体やら反日韓流スターなど、反日活動を実施している人材をリストアップしている。反日活動を行っていた韓流スターが入国できなかった事例も多々ある。今始まったことではない。挺身隊問題対策協議会代表等の入国は許可するべきではないだろう。韓国人の訪日が増える中で、旅行以外での入国は増えているわけで、不法滞在一位でもあり、日本で就職活動を実施する人材も多い。しっかりと審査願いたいが…。

入国審査(イミグレーション)とは、入国審査官がパスポートの写真と本人の顔を見比べて、本人かどうかの確認を行ったり、過去の入国記録を調べて、入国許可を与えていい人物かどうかを審査する場所となる。英語が苦手な人や初めての海外旅行の人にとっては、この入国審査が最初の難関かも…。初めての経験で緊張するかもしれません。事前に流れを把握しておけば大丈夫です。このドキドキ感も海外旅行の経験の1つですかね~。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年08月14日 09:01 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL