韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  もしかして嫌われてる? 中国を訪れる外国人が増えないワケ

もしかして嫌われてる? 中国を訪れる外国人が増えないワケ

経済的に豊かになった中国では、大型連休のたびに多くの人が国外に旅行に出かける。中国人の旺盛な消費意欲は渡航先の国々に大きな経済効果をもたらしており、日本も中国人旅行客による恩恵を受けている国の1つだ。

海外旅行に出かける中国人が増加する一方で、中国を訪れる外国人の数は伸び悩んでいるようだ。中国メディアの観察者は8日、中国を訪れる外国人の数はなぜ少ないのかと疑問を投げかける記事を掲載した。

記事は、「お金と時間があるから」というのが、中国人が海外旅行に出かける動機の1つとなっていることを指摘し、2015年に中国から出国した中国人の数はのべ1億28000万人と、日本の人口とほぼ同等だったことを指摘。海外旅行に出かける中国人の数が年を追うごとに増えているものの、中国を訪れる外国人旅行客の伸びは年1%程度にとどまり、「ほとんど伸びていないのが現実」と紹介。中国を訪れる外国人の伸びは、出国する中国人の伸びと鮮明な対比をなしていることを伝えた。




続けて、中国には「5000年の歴史と文明があり、中国の国力と世界における地位も向上している」としながらも、なぜそれでも外国人を惹きつけることができないのかと疑問を投げかけた。この答えに対し、記事は「中国はイメージが悪い」とし、特に文明的でない、人が多い、貧しい、治安が悪いという過去のイメージが固定概念として今なお世界各国の人々の心に植え付けられていると指摘した。

また、中国が発展したことで西側諸国の人びとにとっては「中国を訪れることで優越感を感じられなくなった」とし、これも中国を訪れる外国人が伸びない理由だと主張。中国はハード面こそ西側諸国に劣らないほどの成長を遂げたとしながらも、今後外国人旅行客を増やしていくにはソフト面の強化を図る必要があることを強調している。
http://news.searchina.net/

【管理人 補足記事&コメント】
中国には風光明媚な世界自然遺産や悠久の歴史を背景とした世界遺産が数多くあるが、その一方で食の安全問題や大気汚染などの環境破壊が大きくクローズアップされる傾向にあるためか、中国を訪れる外国人客の数は伸び悩んでいるのが現状だ。 中国メディアの今日頭条は、海外旅行を楽しむ中国人が近年、増えていることを伝える一方で、中国を訪れる外国人客はほとんど増えていないと報じている。15年に海外旅行に出かけた中国人の数は05年に比べて4倍以上に増加したことを伝え、特に16年に中国人が国外で消費した金額は2610億ドルに達し、世界全体の20.9%を占めたという。

一方で、中国を訪れる中国人の数は05年から15年までの11年間で11%しか伸びておらず、年率で換算すれば約1%しか伸びていない計算になると指摘し、出国する中国人客に比べ、中国を訪れる外国人旅行客の伸びはあまりに貧弱だ。中国が外国人客を受け入れる環境が整備されていないことが要因の1つだ。中国人が国外に大量のお金を落とす一方で、外国人客が中国で落とすお金は少なすぎると伝えている。そもそも食の安全は環境汚染との関係が大きいだけに、わざわざ環境の悪い国へ旅行するだろうかと考えれば答えが出るだろう。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年08月14日 18:37 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL