韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  文大統領「国益は平和…韓米同盟は平和の同盟」

文大統領「国益は平和…韓米同盟は平和の同盟」

北朝鮮の大陸間弾道ミサイル(ICBM)級試験発射と米朝間の「言葉の戦争」以後、一層険しくなった朝鮮半島周辺の緊張の局面が変化の兆しを見せている。文在寅(ムン・ジェイン)大統領は14日、同盟国である米国に向かって「北朝鮮核問題は必ず平和的に解決しなければならない」と強調した。この日、文大統領を表敬訪問したジョセフ・ダンフォード米統合参謀本部議長も、戦争の危険性を指摘し外交的解決を強調した。

文大統領はこの日、首席・補佐官会議で北朝鮮に対して「これ以上状況を悪化させず、挑発と脅威的言動を直ちに中止すること」を求め、米国に向けても「いかなる紆余曲折を経験しても、北朝鮮核問題は必ず平和的に解決しなければならない。この点で韓国と米国の立場は変わらない」と話した。さらに、文大統領は「韓米同盟は平和を守るための同盟」だとし、「米国もまた現在の事態について私たちと同じ基調に冷静に、責任を持って対応するものと確信する」と明らかにした。文大統領のこのような発言は、ドナルド・トランプ米大統領の「炎と怒り」発言、北朝鮮の「グアム包囲射撃」威嚇の後、公式の席上で初めて出たものだ。





文大統領は「大韓民国の国益は平和だ。朝鮮半島で二度と戦争してはならない」と繰り返し強調し、「朝鮮半島の平和は武力では来ない。平和と交渉が苦しく遅々としても、必ずそうしなければならない」と述べた。彼はまた、「国民の皆様にはっきりと約束する。危機は安定的に管理されている。有事の備えも徹底的にしている」とし、「国民とともに平和と繁栄の朝鮮半島を必ず作る」と誓った。

韓国訪問を皮切りにアジア歴訪に出たダンフォード米統合参謀本部議長も、北朝鮮の核問題を外交的・平和的に解決しなければならないと強調した。ダンフォード議長はこの日午後、大統領府で文大統領を表敬訪問した席で「米軍は朝鮮半島の非核化に向けた米政府の外交的・経済的圧迫の努力を支援することに優先的目標を置いており、こうした努力が失敗した場合に備え、軍事的オプションを用意するもの」とし、「米国の対応と措置は、同盟のレベルで韓国と緊密に協議していく」と韓米同盟を強調した。さらに彼は「みんなが現状を戦争なしに解決することを期待している」と付け加えた。
http://japan.hani.co.kr/

【管理人 補足記事&コメント】
ご都合主義の南朝鮮では、ソウル市長が慰安婦像搭乗バスを許可し、現在慰安婦像で大盛り上がりである。日韓政府の合意文書など知ったことではないという態度対応だ。自国の安全も自国民意で動く文大統領では、反日行動は加速したままとなる。この国からの訪日観光客は増加する一方で、勝手気ままな行動は、何とも世界の嫌われ者と言われるだけのことはある。日本メディアやニュースでは韓国報道となると、他人事の方な報道を実施する。誰一人許しがたいなどと語るニュースキャスターもコメンテーターもいない。そういう報道ならば報じないほうがマシだろう。逆に怒りがこみ上げる。

そういうことを許している日本政府に矛先を向け圧力かけてほしいものであるが…。戦後莫大な援助で今の韓国がある事すら報じない。徹底的に南朝鮮と言う国を、日本統治以後、歴史を通じて、しっかり日本が実施してきたことを報じてほしいものだが…。今の韓国には正義は存在しない。自己都合で仕事が無くなれば日本で探し、反日行動を繰り返すのでは困りごとだ…。



最新記事要約


関連記事

ブログパーツ
[ 2017年08月15日 09:38 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp