韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  トランプ大統領の地盤ラストベルトも韓米FTAの恩恵

トランプ大統領の地盤ラストベルトも韓米FTAの恩恵

韓国政府が「韓米自由貿易協定(FTA)の締結により、米50州のうち40州で韓国向け輸出が増えた」という分析結果を、米通商代表部(USTR)に提出した。

13日、米連邦官報サイトによると、韓国政府は駐米韓国大使館を通じて、先月31日、韓米FTAについてこのような内容の意見書を提出した。USTRは、ドナルド・トランプ米大統領が4月29日(現地時間)、米国が交わした貿易協定に問題がないのか再検討するように行政命令を下した後、米利益団体や各国政府から意見を収集してきた。

韓国政府は、トランプ大統領の支持基盤である「ラストベルト(衰退した工業地帯)」も韓米FTAの恩恵を受けたということを特に強調した。韓米FTA締結後5年間韓国向け輸出が年平均50%以上伸びた州は14カ所ある。特にペンシルベニア、オハイオ、ウィスコンシンなどのラストベルトに属する地域は、年平均45%が伸びたと強調した。韓国政府は、「米国50州の韓国輸出の増加率は年平均19%だ」とし、「ラストベルト地域が特に恩恵をたくさんうけた」ことを強調した。





トランプ大統領はラストベルトの支持者らを意識して、韓米FTAのせいでこの地域の雇用が減少したと主張してきた。これに対して韓国貿易協会はUSTR側に、トランプ大統領の主張に反ばくする資料を提出した。貿易協会は、「三星(サムスン)、現代、LGなど韓国大企業の米市場への投資を通じて雇用が増えた」とし、「2014年以降は、韓国企業の対米投資規模が米国の韓国投資を超えている」と明らかにした。

韓米FTA改正を巡る懸念は、韓国だけでなく、米国からも出ている。全米養豚協会(NPPC)は、「韓米FTAで関税が減ったおかげで、米国産豚肉が韓国市場で比較優位を占めている」と明らかにした。NPPCは、韓米FTA締結効果で、2010年比昨年は豚肉輸出量と金額共に2倍に増えたと付け加えた。
http://japanese.donga.com/

【管理人 補足記事&コメント】
発効から5年を迎える韓国との自由貿易協定(FTA)について、再交渉するか停止すると述べた。再交渉が行われれば米国製自動車の韓国市場へのアクセスが改善し、為替介入に対する締め付けは厳しくなりそうだが、米国の対韓貿易赤字が縮小するかどうかは不透明と言える。米韓FTA(KORUS)の導入で米国の対韓輸出は年100億ドル増えると予想されていたが、実際には世界的な貿易の落ち込みなどにより2016年末までに30億ドル減少した。半面、韓国の対米貿易黒字は280億ドルへと膨らんだ。

今の韓国経済を考慮しても、韓国経済の成長ペースは鈍化だ。たとえ再交渉しても米国の対韓輸出が急増することはない。一方、米経済は堅調で、韓国製の自動車や電気製品など輸入財に対する消費者の需要を下支えしている。トランプ政権は韓国との再交渉にあたり、米国製自動車に対する非関税障壁を狙い撃ちする公算が大きい。これは従来の協定で、米国側の手にした恩恵が期待を大幅に下回った分野だ。韓国の自動車市場は世界でトップ10に入るが、米国の昨年の韓国向け自動車輸出はわずか6万台程度にとどまった。これに対して韓国の対米自動車輸出は100万台近くに上る。

この分野にメスが入れば韓国自動車産業はとどめ打ちとなる。サムスンだけではどうにもならない。もっともすでに低迷路線の現代自ではあるが…。



最新記事要約


関連記事

ブログパーツ
[ 2017年08月15日 09:50 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp