韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  「韓半島8月危機説」の“火消し”に動く韓米

「韓半島8月危機説」の“火消し”に動く韓米

9日の北朝鮮の「グアム包囲射撃計画」脅迫後に高まった韓半島(朝鮮半島)「8月危機説」を収拾するための発言が米国と韓国で同時に出てきた。米国ではティラーソン国務長官とマティス国防長官が異例にも共同寄稿を通じて北朝鮮との交渉意思を明らかにし、文在寅(ムン・ジェイン)大統領も北朝鮮の挑発の中断を促しながら「平和」を強調した。

文大統領は14日、青瓦台(チョンワデ、大統領府)首席秘書官・補佐官会議で「最近、北の持続的な挑発により韓半島周辺の安保状況が非常に深刻になっている」とし「北はこれ以上状況を悪化させず、挑発と威嚇的言動を直ちに中断することを促す」と述べた。北朝鮮の威嚇の5日後に出てきた韓半島危機状況に関する文大統領の発言だ。

続いて文大統領は「政府の原則は大韓民国の国益が最優先」とし「大韓民国の国益は平和」と強調した。さらに「韓半島で二度と戦争があってはならない。いかなる紆余曲折があっても北核問題は必ず平和的に解決するべき」と述べた。「韓半島の平和は武力では来ない。平和と交渉が苦痛であり遅々として進まなくても、必ずそのようにしなければいけない」とも語った。




これに関連し、ダンフォード米統合参謀本部議長もこの日午後、文大統領と会談した席で「米軍は韓半島非核化に向けた米政権の外交的・経済的圧力の努力を支援することを優先目標にしている」とし「こうした努力が失敗する場合を対応して軍事的なオプションを準備する」と説明した。青瓦台の関係者は「軍事的オプションは1953年の停戦後ずっと発展してきた。(北核)解決のために先に使用するという意味ではないとダンフォード議長は述べた」と伝えた。
http://japanese.joins.com/

【管理人 補足記事&コメント】
軍消息筋は「大陸間弾道ミサイル(ICBM)級『火星14』発射に続き、北の追加挑発の可能性が高まっている中、これを抑止する武力示威レベルで21日の乙支(ウルチ)フリーダムガーディアン(UFG)演習前に空母2隻を展開することを米国側と議論している」と述べた。続いて「平時に空母2隻が同時展開することは多くない」とした。UFGは毎年秋に韓国政府と韓米軍当局が参加する官・民・軍訓練。北朝鮮の6回目の核実験など韓半島危機説が浮上していた5月31日にも韓半島近隣海域で「カール・ビンソン」(CVN-70)と「ロナルド・レーガン」(CVN-78)が合同訓練を行っている。

「ロナルド・レーガン」は横須賀を母港とする。全長333メートル、排水量10万2000トンの大型空母だ。サッカー場3面分に相当する広さ1800平方メートルの甲板に航空機約80機を搭載している。中小国の空軍力に匹敵する規模であり、「海に浮かぶ軍事基地」と呼ばれる。このような空母2隻が集まれば、イージス巡洋・駆逐艦10隻以上、原子力潜水艦3隻以上と同行しながら戦闘機160機以上とトマホーク巡航ミサイル100発以上の戦力を保有することになる。

一方で、北朝鮮は「アメリカに重大な警告を送るため」に、グアムのアンダーセン空軍基地を中長距離弾道ミサイルで攻撃することを検討中と発表した。グアムには、アンダーセン空軍基地などアメリカ軍の拠点がある。しかし現実に実施したら北朝鮮は終わりとなる。金正恩とトランプの頭は暴走か冷静かと問えば、私には両者異常に見えるが…。それだけに恐ろしい。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年08月15日 10:20 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(1)
チキンレースの行方は
21日からの米韓合同訓練が予定どおり行われ、それでも北朝鮮がミサイルを発射しなければ、ジョンウンがへたれたってことだよね。
万が一軌道がそれてアメリカの領海にでも墜ちたら、北朝鮮は終わり。
[ 2017/08/15 23:52 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL