韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  未分類 >  北朝鮮、韓国を4つに分けてミサイル攻撃圏を設定

北朝鮮、韓国を4つに分けてミサイル攻撃圏を設定

北朝鮮がミサイル有効射程距離を基準に、韓国を4つに分けてミサイル攻撃圏を設定したものと推定される。「労働新聞」と「朝鮮中央テレビ」などの北朝鮮メディアは15日、金正恩(キム・ジョンウン)労働党委員長が戦略軍司令部指揮所で、キム・ラッキョム戦略軍司令官の報告を受ける様子を放送した。この際、いわゆる「グアム包囲攻撃」案の報告を受けているものとみられる金総書記の後ろに、地図3枚が壁に貼られていることが確認された。

これらの地図には「南朝鮮(韓国)作戦地帯」、「日本作戦地帯」、「太平洋地域における米帝侵略軍の配置」と書かれている。このうち「南朝鮮作戦地帯」には韓国を4つに区分した線が引かれており、その先にはミサイル機種と推定される文字が書かれている。4本の線が引かれているのは、軍事境界線(MDL)の軸線-蔚珍(ウルチン)圏域-浦項(ポハン)圏域-釜山沖などだ。この4本のラインはミサイルの攻撃圏域を表示したものと推定される。





このほか「日本作戦地帯」と書かれた地図には、日本南方の太平洋海上まで線が引かれており、グアムのアンダーソン米空軍基地と推定される衛星写真も見られる。また、金委員長の前に置かれた「戦略軍攻撃計画」の地図には北朝鮮からグアムまでの長いミサイル経路が表示されている。北朝鮮がグアム攻撃の威嚇を強調するため、公開したものとみられる。
http://japan.hani.co.kr/

【管理人 補足記事&コメント】
北朝鮮国営の朝鮮中央通信社(KCNA)は9日、同国が中長距離弾道ミサイル「火星12」を米領グアム周辺に向けて発射する作戦を「慎重に検討」していると伝えた。KCNAによると、朝鮮人民軍の報道官は、金正恩朝鮮労働党委員長が命令を下せば直ちに攻撃計画が「複数回にわたり連続的に実行される」と述べている。「朝鮮人民軍戦略軍はグアム周辺地域を中長距離弾道ミサイル火星12で包囲射撃する作戦計画を慎重に検討している」とした。グアムにあるアンダーセン空軍基地など主要な米軍基地に対する抑止力を確保する狙いがあるという。

報道官は、作戦計画は近く最高司令部に報告されるとした。また、別の軍報道官は、米国が「予防戦争」を計画していると批判し、実行に移す動きがあれば「米本土を含む敵の要塞を一掃する全面戦争」で対抗すると威嚇。軍事行動を回避するために米国は北朝鮮に対する「無分別な軍事的挑発」をやめるべきだと主張した。しかし問題は日本列島を通過し、グアムの40kmあたりに着弾させるというが、その技術があるのかというと、個人的には微妙と言うしかない。まして勇気がいるだろう。日本列島上空通過という事自体も、今の北朝鮮技術で失敗すれば、どこに落下するかは不明だ。単にトランプを挑発し、もてあそぶようにも感じる。

金正恩はゲーム的に楽しんでいるが、その恐ろしさは自身で経験がない。一つ間違えば国がなくなる恐ろしさを知らない。一方でトランプは自国防衛と経済で必至な状況だ。両者の頭が正常でなければ、厄介だが…。トランプ事態も暴走とは言え、周りの人材は火消しに追われている。結果、交渉に応じる構えもあるわけで、北とアメリカが交渉すれば、韓米同盟は解消するわけで、単純ではないだろう。朝鮮人は信用できないという実態はトランプは認識しているだろうか…。今のトランプでは、世界のリーダーと言う器ではない事が、今後日本にとってどういう影響となるのかは未知数と言える。




最新記事要約


関連記事

ブログパーツ
[ 2017年08月16日 09:43 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp