韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  北朝鮮危機、対話で解決できない場合はどうするのか

北朝鮮危機、対話で解決できない場合はどうするのか

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は、現在の状況を「6・25(朝鮮戦争)以降最大の危機」と呼んだ。正確な認識だ。北朝鮮の核と大陸間弾道ミサイル(ICBM)が完成もしくはその直前となれば、米国はこれを座視できない。そうなると、何らかのけりをつけるしかなく、それがどういう状態につながるか、誰もはっきりと断言はできない状況だ。国際金融市場の動向までもが尋常でない。ところが韓国社会では、この危機に対処する国にふさわしいのかと思わせる出来事が、あまりに多く起こっている。

このごろ、北朝鮮は「グアム包囲射撃」を公言し、米国大統領は「炎と怒り」を口にしている。今では、米国最高位の当局者が日常的に「軍事措置」へ言及している。衝突が起こるとしたら、その舞台は韓半島(朝鮮半島)にならざるを得ない。可能性は極めて低いとしても、韓国政府は緊張を保って状況を見守らなければならない。韓国軍の統帥権者は文大統領だ。ところが、この危機の最中に、大統領府(青瓦台)は軍の統帥権者が「映画を見て涙を流した」ことを明らかにした。普段なら感動を与える場面といえようが、今のこの状況で、軍の最高司令官が映画館で流した涙を、なぜわざわざ公開までしないといけないのか。




今の韓国軍に、確固たる対北朝鮮警戒態勢以上の任務はあり得ない。ところが韓国軍内部で最大の懸案は「対北朝鮮」ではなく「公館兵パワハラ事件」だという。ほぼ全ての指揮官が、前線への心配ではなく、「自分について誰か通報していないだろうか」と戦々恐々としているという。韓国陸軍がきのう、4つ星の将軍が出席する会議を招集したのも、軍事的な備えを話し合うためではなかった。議論されたのは、「公館兵事件」対策だった。住み込みで高級指揮官の官舎の家事に当たる「公館兵」へのパワハラは根絶すべきだが、物事には軽重、先後がある。

先週、大統領府国家安保室長と外相が同時に休暇を取ったが、この事実がメディアで報じられるや、休暇を取り消したり短縮したりした。これに先立ち、北朝鮮がICBM級のミサイルを発射した直後にも、大統領と首相、副首相がそろって休暇を取った。どうかするとすぐ休暇を取り消す古い思考方式からは、もう抜け出さなければならない。しかし今は状況が違う。新政権では、6・25以降最悪の危機に対処することと新しい休暇文化、どちらが優先なのか。
http://www.chosunonline.com/

【管理人 補足記事&コメント】
文大統領が今回の祝辞で特に強調したのは「平和」と「戦争反対」である。文大統領は「韓半島で再び戦争を起こしてはならない」とした上で、「韓半島での軍事行動は大韓民国のみが決定できる。韓国と米国政府と立場は異ならない」と述べ、韓米同盟を強調したが、これは遠回しに米国による武力行使示唆に懸念と反対を表明したものと受け止められる。文大統領は今月7日、トランプ米大統領との電話会談でも、「戦争は駄目だ」と語ったが、光復節式典の祝辞ではさらに踏み込み、「我々の同意なく、誰も軍事行動を決定することはできない」とし、「先制攻撃論」とは一線を画している。

一方で、米軍に守られてきた南朝鮮はくつろいでいるわけで、グアムや日本旅行を楽しむ韓国人は多い。ソウルがいつ攻撃されても不思議はないという考えはない様だ。韓国軍の士気は低下している。ただ金正恩からすれば米国と安全協定にこぎつければ、韓国から米軍は撤退する。今のトランプは朝鮮半島に関心が無いわけで、意外な対応で終わる可能性もある。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年08月16日 10:28 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(2)
文大統領には有事作戦統制権は無い
<韓国軍の統帥権者は文大統領だ。>だって?
何言ってんだ!! 韓国軍の有事作戦統制権は米軍に有るんだよ。
今まで散々、米国から有事作戦統制権を韓国に移譲すると言う話を蹴って来た癖に米朝戦争が目前と成った今に至って何を怖気づいて居るんだよ。
韓国軍は米軍の命令一つで北朝鮮軍と戦わなければならないのが現実と知るべし。
[ 2017/08/16 15:20 ] [ 編集 ]
戦意なし
文在寅には国防思想がない、戦意がないと、国の内外に知れ渡ったから、
自国の軍人にもなめられている、と見えます。

ここまで利敵プロパガンダを張るトップは珍しい。
米韓、中韓、日韓、全部ダメだから、北の思うツボではないか。
[ 2017/08/16 18:14 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL