韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓進海運破産から1年…韓国系海運会社ネットワークが崩壊

韓進海運破産から1年…韓国系海運会社ネットワークが崩壊

昨年8月に韓進(ハンジン)海運が法定管理を申請してから1年。海運業は依然として荒波の中だ。

2月の韓進海運破産後に現代(ヒョンデ)商船が韓国トップのグローバル海運会社の座に上がったが、世界市場でのシェアは1.6%にすぎない。韓国市場でのシェアも落ちている。6月基準で釜山(プサン)港で韓国系海運会社の物流量シェアは1年前の38.1%から34.2%に減った。これに対し外資系海運会社のシェアは61.9%から65.8%に増えた。「このままでは韓国市場まで外国企業に明け渡すことになりかねない」との懸念が出てくる理由だ。

今年に入り世界の海運業況は底を打ち反騰している。米国をはじめ世界経済の消費・生産活動が回復しているためだ。 英国の造船海運分析機関クラークソンの報告書によると、今年の海上運送取引量は113億4100万トンで前年比2.3%増加する見通しだ。物流量が増えパナマックス(パナマ運河を通過できる最大船舶)級船舶の1日平均使用料も昨年の5000ドルから最近は1万ドルに迫っている。





問題は業況改善の実をグローバル海運恐竜が独占しかねないという点だ。海運業は駅ごとに立ち寄ってお客を乗せる汽車のように、多くの定期路線を確保した海運会社が絶対的に営業に有利だ。 しかし韓国は世界7位である韓進海運の破産により世界168の港に広がっていた海運サービス網が消え、韓国の荷主は海外の海運会社を利用せざるを得なくなった。米海運分析機関ピアーズデータによると、4-6月期の米州路線で現代商船のシェアは5.7%となり、1年前の韓国系海運会社のシェア10.9%の半分にとどまった。

代わりに中国のコスコ(18.1%)、日本の海運連合オーシャンネットワークエクスプレス(16.5%)、フランスのCMA・CGM(14.3%)などが米州路線で猛威を振るっている。すべてこの1~2年の間に買収合併で規模を拡大した海運会社だ。
http://japanese.joins.com/

【管理人 補足記事&コメント】
今年4月には、小売り世界最大手の米ウォルマートが韓進(ハンジン)海運の物流問題をきっかけに韓国の海運会社と二度と取引しない方針を定めている。韓進海運のためではなく韓国政府を信頼できないためとしている。韓国政府に現金が無い状況である現実を考えれば当然と言える。だが、海運業が潰れてしまえば輸出に過度に依存する韓国経済の基礎体力を失う事になる。

一方2Mとの協約によって、現代商船の2M内の週の船腹量は2万6300TEU(1TEUは6m長さのコンテナ1個)に制限される。現代商船の現在のG6内の週の船腹量は2万1800TEUであり、現代商船は、世界市場13位(シェア2.2%)だが、既に赤字続きの現代商船が黒字化するシナリオすら見当たらない。海運業が韓国に無くなった。とはいえ、すぐに輸出入がダメになる事は無いが、他にも海運業者は沢山ある。がしかし、象徴的なのは、韓国政府が信用を失ったことにある。結果、世界から韓国から孤立していく事になる。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年08月16日 10:54 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(2)
韓国政府や朝鮮人を信じてる国なんて無いねー(笑) リコール民族チョンが世界共通の言葉!
[ 2017/08/16 12:33 ] [ 編集 ]
韓進撤退no
韓進(ハンジン)海運倒産が業界の輸送能力調整に
貢献してくれた、ということですか。
やっと運賃上昇で、日本の大手3社も危機脱出らしい。
今のうちに3社経営統合でしょう。
[ 2017/08/16 15:06 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp