韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  中国に代わる世界の工場・バングラデシュが進化中

中国に代わる世界の工場・バングラデシュが進化中

台湾メディア・聯合新聞網は13日、バングラデシュが中国に代わる新たな世界の工場からさらに進化を遂げつつあるとする記事を掲載した。

記事は「バングラデシュは低廉な賃金と潤沢な若い労働力によって外国企業や世界の大手工場を引き寄せ、紡績、既製品衣料、製靴、家具など旧来の産業の多くが現地に生産拠点に選んできた。しかし、近年では同国内の経済のモデルチェンジ、労働者や産業のレベル上昇に伴い、電子製造や通信、環境保護といった新興産業も続々とバングラデシュに拠点を構えるようになり、世界の代理工場から産業の多元化へと発展しつつある」と伝えた。

そのうえで、同国の輸出額の8割を占めるという紡織・既成品衣料産業は400万人を超える労働者を抱え、全国に数百社の紡織・染め物企業が存在すると紹介。原料は現地の供給だけでは需要を満たしきれず、中国大陸やインドから輸入する状況にあるとした。





また「同国の自動車市場は基本的に日系市場である」とするとともに、日本から大量の中古車を輸入していると説明。また、道路などのインフラが不十分であるためにブレーキパッド、ブレーキケーブル、スパークプラグ、エンジンベルト、エアフィルターや伝動システムなど消耗品を始めとする自動車部品の需要が旺盛であると紹介した。

記事はさらに、国際電気通信連合(ITU)の最新統計で、同国の携帯電話使用者が2010年の6800万人から15年には1億3000万人まで増加し、インターネット利用者数も3.7%から14.4%まで増加したことを挙げ、通信市場の成長力も顕著であることを伝えている。 長年世界の工場と称されてきた中国が経済のモデルチェンジに取り組んでおり、その称号はタイやベトナム、そしてバングラデシュへと移っていった。これらの国もやがて経済成長や技術の蓄積、人件費の上昇に伴ってその座を別の国に明け渡すことだろう。
http://news.searchina.net/

【管理人 補足記事&コメント】
一般的に、一人当たりGDPが、1000ドルを超えると白物家電が普及し、3000ドルを超えると自動車が普及する目安と言われている。バングラデシュの自動車市場においては中古車が中心となる。新車もOKで、ディーラーもあるが、関税が高くてマーケットで流通しているのは中古車となる。ちなみに、中古車は5年落ち未満でないと輸出が出来ない。2015年におけるバングラデシュ、1人あたりのGDPが1364ドルで右肩上がりの成長を持続している。中間層が増え高根の花だった富裕層向けの自動車が中間層(ローンを組む層も多いですが)でも買えるようになった。そして、首都のダッカ市内でさえ、電車という交通インフラがなく、相対的に代歩工機としての自動車やバイクの需要が非常に高い。この2点のマクロ的要素により今後も自動車マーケットは大きくなっていくと予想される。

バングラデシュは、南アジアにあるイスラム教徒主体の国。イギリス連邦加盟国、通貨はタカ、人口1億5,940万人、首都はダッカ。北と東西の三方はインド、南東部はミャンマーと国境を接する。南はインド洋に面する。西側で隣接するインド西ベンガル州とともにベンガル語圏に属す。1971年にパキスタンから独立。バングラデシュはベンガル語で「ベンガル人の国」を意味する。都市国家を除くと世界で最も人口密度が高い国で、人口数は世界第7位。バングラデシュ中古車輸入・販売業者協会(BARVIDA)によると、現在の市場規模は400億~500億タカ(約550億~689億円)で、ここ数年は年15~20%の勢いで成長していると現地紙デーリー・ニューズが報じている。

同国の自動車市場は輸入中古車が中心で、2017年3月末時点の個人車両の登録台数は35万台、年間に1万5000台程度の個人向け中古車が輸入されている。登録ベースのシェアはトヨタ自動車が88.5%、以下、日産自動車、ホンダ、三菱自動車が続き日系が強い。市場拡大の背景にあるのは、中間層の拡大による消費者の購買力向上と、自動車ローンの金利低下がる。米ボストン・コンサルティング・グループによると、バングラデシュでは毎年200万人が中所得層に加わっている。同国の政府統計によると、17年6月末の1人当たり年間所得は1602ドル(約17万8000円)で10年前の3倍以上となった。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年08月16日 11:15 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp