韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  海外では人気を失ったタブレット、韓国ではライブ授業・ゲームで人気

海外では人気を失ったタブレット、韓国ではライブ授業・ゲームで人気

世界的に下落傾向を見せているタブレットPCが韓国ではニッチ市場を形成して人気を呼んでいる。市場調査機関である韓国IDCによると、韓国内タブレットPCの出荷量は2014年147万6000台から昨年239万3000台へと2年間で62%も増加した。家電量販店「ロッテハイマート」関係者は「タブレットPCのブームは最近もそのまま続いている」とし「6月、タブレットPCの売り上げが前年より35%増加した」と説明した。

メーカーはこのような雰囲気に歩調を合わせて国内のタブレットPC市場に様々な新製品を相次ぎ発売している。サムスン電子の場合、5月「ギャラクシーブック10.6」「ギャラクシーブック12.0」「ギャラクシータブS3」をリリースした。アップルは先月13日「iPadプロ10.5型」を韓国に発売した。

だが、グローバル市場の状況は全く違う。ストラテジー・アナリティックスによると、2014年2億4250万台で頂点を極めた世界のタブレットPCの出荷量は今年1億9430万台にとどまる見通しだ。今年第1四半期(3260万台)まで10四半期連続で出荷量が減った。KT経済経営研究所は8日に発表した今年上半期のグローバルモバイルトレンド報告書で「墜落の先が見えないタブレットPC」と評した。それだけに先行きは不透明だ。





タブレットPCがグローバル市場で苦戦している理由は、競争相手であるスマートフォンとノートブックの間で本来の強みを生かせていないためだ。情報通信政策研究院のキム・ユンファ研究委員は「スマートフォンがタブレットPCの強みを吸収した『パブレット(フォン+タブレットPC)」に進化しながら、既存のタブレットPCの需要を蚕食した」と分析した。5インチ以上の大画面で武装したパブレットが増え、画面の大きさだけでタブレットPCを消費する必要性が減少したということだ。大きな人気を集めたサムスン電子の「ギャラクシーノート」シリーズの場合が代表的だ。

それでもタブレットPCが韓国で唯一、健在な理由は何だろうか。専門家たちは3つに分析している。まず、止まらない私教育ブームだ。韓国IDCのキム・エリ責任研究員は「国内タブレットPC市場は教育コンテンツと結び付けられ、確固たるニッチ市場として位置づけられた」として「子どものライブ授業を視聴する用途で購入する親の需要が続いている」と伝えた。世界のタブレットPC市場が停滞していた2015年、韓国ではタブレットPCに関連した教育コンテンツが本格的に導入され始めた。有名私教育会社などはその間、受講申し込みイベントとしてタブレットPCを贈呈しながら需要を増やした。来年からは小中学校のコーディング教育が義務化することで需要がさらに増える可能性がある。
http://japanese.joins.com/

【管理人 補足記事&コメント】
株式会社ICT総研によれば、日本のタブレット端末市場は、’13年度に713万台、’14年度に919万台へと大きく成長してきた。しかしながら、’15年度以降は市場規模の縮小が続くなど、パッとしない状況だ。調査によると、’15年度895万台、’16年度866万台となり、2年連続で出荷台数が減少してきたのだ。 同社はその理由について「スマートフォンの普及によりタブレット端末の新規需要そのものが減退していることに加え、携帯電話キャリアのLTEモデルの販売がやや伸び悩んだことなどが挙げられる」と述べている。

ただし、その上で「今後の国内タブレット端末市場はWindowsタブレットのニーズが増加する影響などを受けて再び拡大に転じる見込み」であり、「’17年度には前年比3.6%増の897万台、’19年度には1000万台近くまで拡大する」と推計している。グーグルが販売するAndroidタブレットは、’15年度に前年比2.5%減の393万台の出荷となったものの、’16年度は僅かながら回復し、アップルとは対照的に402万台へと成長した。Androidタブレットは、iPadに比べて単価の低い端末が多いことも堅調さの要因となっており、今後もトップシェアを維持すると見られる。iPadの出荷台数シェアは、’12年度にシェア53%を記録していたが、徐々にシェアが低下しており、’16年度のシェアは39.6%となった。ただし、iPadの所有率は依然としてトップであることから今後も一定のシェアをキープすると思われる。

タブレットとPCを仕事と趣味で使っている私は、タブレットに鳴れるとPCでは面倒でタブレット主体となります。PC業務でなければ、ネット回覧やらゲームなどは高性能なiPadは得意でしょう。実際に使っていないと言うだけでしょう~。一度使うと、読書にしても、大半はタブレットで済むわけで、スマホ主体でタブレットの利用価値が見いだせずに来たわけで、まだしばらくは鈍化推移だと思いますが、高齢化社会の中で、いずれ日の目を見るだろうとおもいます~。それには普通にTVが見れて、ラジオも聞けて、音楽も聴けるし、買い物もできる。

高齢者にとってWi-Fi設定やら、ソフトのバージョンアップにアプリの使い方等々、追いつかない部分た多分にある。この利用する部分をどうするかは大きな課題となる。性能も画質も問題無いわけで、使い方の問題とWi-Fiをクリアできれば、むしろスマホは使わずに一般携帯に移行するでしょう。ネット環境の設定においてPCは設定してくれるサービスがあるが、タブレット購入においては、意外と面倒でやりたがらないという側面がある。これは高齢者になるほどに多くなります。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年08月16日 18:52 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp