韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  北朝鮮がICBMに核搭載し兵器化するのがレッドライン

北朝鮮がICBMに核搭載し兵器化するのがレッドライン

文在寅(ムン・ジェイン)大統領は17日、北朝鮮の核・ミサイル開発に対して、「レッドライン」を設定し強く警告した。政府が「これ以上は容認できない」レッドラインの内容を具体的に公式化したのは初めてであり、レッドラインをめぐる議論が予想される。

文大統領はこの日、就任100日記者会見で「北朝鮮がICBM(大陸間弾道ミサイル)を完成し、そこに核弾頭を搭載して兵器化するようになることをレッドラインと考える」とし、「今、北朝鮮はますますそのレッドラインの臨界値に近づいている」と述べた。レッドラインは通常「越えてはならない線」、「越えれば容認できない線」を指す。米国本土を狙った核弾頭搭載大陸間弾道ミサイルの開発を進める北朝鮮の行動に強力な警告メッセージを送ったわけだ。

北朝鮮は先月、相次いで2回大陸間弾道ミサイル「火星-14」型を試験発射し、米国本土の攻撃能力を備えたと主張している。実際、7月末の2回目の試験発射では高度3700キロまで上昇し、正常な角度で発射された場合、その射程距離は9000~1万キロメートルで少なくとも米国西海岸は攻撃圏内に入ると推定された。





北朝鮮が米本土を直接攻撃できる能力を持つことの危険性は、最近の北朝鮮の「グアム包囲射撃」の威嚇で明らかになった。北朝鮮の常時的な米本土攻撃威嚇と、これに対する米国の先制攻撃や報復攻撃の可能性がかみ合った場合、朝鮮半島の安保環境は極度に脆弱になる。文大統領のこの日の発言は、このような事態を前もって警戒していると解釈される。

北朝鮮が核弾頭搭載大陸間弾道ミサイルの開発を完成させるためには、まだ核弾頭の小型化と大気圏再突入技術の確保という壁が残っている。軍当局は、北朝鮮がこの技術を確保したという証拠はないと明らかにしている。だが、北朝鮮が核・ミサイル開発に投資を惜しまないだけに、結局この技術の確保も時間の問題だという指摘が多い。文大統領はこれに対して「今の段階で、北朝鮮の追加的な挑発を阻止しなければならないということに国際社会が共に認識しているため、この前の国連安保理で史上類例のない強力な制裁措置に満場一致で合意した」と説明した。文大統領はまた、「北朝鮮が再び挑発すれば、さらに強力な制裁措置に直面することになり、北朝鮮は結局耐えられないだろう」とし、「これ以上危険な賭博はやめよ」と警告した。
http://japan.hani.co.kr/

【管理人 補足記事&コメント】
北朝鮮の核をめぐる米朝間の危機は過去2回あった。北朝鮮が1993年3月に核拡散防止条約(NPT)からの脱退を宣言した時と、2002年秋のウラン濃縮疑惑が発覚した。だが今回はより深刻となる。北朝鮮の核・ミサイル開発の能力が格段に向上し、紛争の様相が質的に変わる可能性を朝鮮日報は指摘する。金日成主席が瀬戸際外交を繰り広げた93~94年の危機ではカーター元米大統領を平壌に招くなど、出口戦略を考えていた。02~03年の危機の際の金正日総書記の対応には「戦略的曖昧さ」の柔軟性があった。今回は金正恩朝鮮労働党委員長はどう出るか分からない予測不可能な振る舞いをする。トランプ米大統領も同じだ。2人とも力の信奉者であり、出口戦略を見据えて行動しているように見えないと指摘している。

トランプの振る舞いは大国アメリカにはほど遠い。このことが金正恩をぼうそうさせているともいえる。トランプのあたまが金正恩レベルでは困りごとだが…。ハンギョレ新聞は、北朝鮮がレッドラインを越えた場合、政府がどのような措置をとるかをめぐり、世論の圧迫を受ける可能性もあり、政府自ら北朝鮮政策の柔軟性を縛る足かせになりかねないと指摘する。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年08月18日 11:05 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(1)
北も南も朝鮮人..
 もう、 半島内でドンパチやって
決着つけてくれや、 出来れば両
者壊滅っつうことで。

 こうゆう、邪な国家・民族は、
浄化されてもエエと思うんは、 ワテ
クシだけでやんしょうか?

 朝鮮が終わったら次は支那!

[ 2017/08/18 18:08 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp