韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国自動車、対立的な労使関係では中国にも抜かれる

韓国自動車、対立的な労使関係では中国にも抜かれる

韓国は2005年から11年間にわたり世界自動車生産台数5位を維持していたが、昨年インドに抜かれて6位となった。今年上半期には自動車輸出までがメキシコに抜かれ、世界3位から4位に落ちた。にもかかわらず現代自動車の労働組合は17日、8時間のストライキを行った。今年3回目だ。起亜自動車、韓国GM、ルノーサムスン自動車も状況は似ている。

韓国自動車産業協会と韓国自動車産業学会がこの日、ソウル三成洞(サムソンドン)COEXインターコンチネンタルホテルで共同で開催した「自動車産業の協力的労使関係構築案」セミナーで、キム&チャン法律事務所のウ・グァンホ室長は「韓国は労組の無理な要求で2014年の1年間だけでもストライキで約2兆8000億ウォン(約2680億円)の生産減少と約10万人の就業者減少を誘発した」と主張した。続いて「韓国が労使関係問題を解決しなければ中国にも近く追い越されるしかない」と指摘した。




キム・ヒソン江原大法学専門大学院教授も「会社が労組の言いなりになるしかない現労働法体制のため労使関係が悪化し続けている」と分析した。現行労働法が労組の争議権は強く保障し、使用者には適切な対応手段を認めないためストライキが簡単に発生し、このため協力的な労使関係を構築するのが難しいという説明だ。

自動車産業の「時限爆弾」に浮上した通常賃金問題も議論された。金容根(キム・ヨングン)自動車産業協会長は「自動車業界の労使は30年間ほど定期賞与金を通常賃金から除外することで合意してきたし、その合意に基いて年俸が9000万ウォン台にまで上がった」とし「労組がその間の合意を無視して通常賃金の拡大を要求するのは信義誠実の原則に違反する」と主張した。
http://japanese.joins.com/

【管理人 補足記事&コメント】
経済低迷の中で、現代自動車の労働組合は8時間のストライキを行ったわけで、労使に屈した現代自の対応力の問題となる。働かない連中に高い給料を支払い、年収をトヨタ云々と比較して報じてきたが、製造管理面で指導者となる日本幹部が不足し、挙句に製造の統括さえ取れない状態である。中国工場の3分の一の生産しかできない韓国工場もある。同じ車種でこれでは笑えない。社員に対する罰則もないし実施した事例すら聞いたことがない。

しっかりと働いてこその製造企業である。自己都合ばかりでは企業倒産となるわけで、労使もまた経営に参加し、経営者とともに方向性を見出す事が出来ないのでは、現代自の自滅となる。中国云々以前の問題だろう。生産減少と約10万人の就業者減少を誘発したというが、10万人雇用と言うのは大変な数であるから、結局雇用率は減少し、失業率は高くなっているのではと思うが…。挙句に最低賃金上昇で中小企業や零細企業は、益々小規模となり、競争力を失うだろう。税金補てんにも限界がある。中小企業に爆弾を抱えていることを理解しないと、地方財務赤字問題どころではなくなる。家計負債が暴発すれば不動産産業は崩壊し、自国民経済崩壊とともに韓国経済は破たんすることになるが…。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年08月18日 12:23 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
造船の次は自動車
鄭夢九(チョン・モング)というオーナー会長が指揮した
世界戦略が成功したが ピークは2011年。
もう高齢(79歳)だから、組合を治めて開発・販売に指揮を取る
馬力はないでしょう。

現代自動車が労使問題で自滅となれば、造船と同じで、世界市場の
過剰生産の調節弁になります。
[ 2017/08/18 15:21 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL