韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  日本は未来のない国?・・・「利権が高齢者の手にある」のはマズい

日本は未来のない国?・・・「利権が高齢者の手にある」のはマズい

日本は中国にとって身近な隣国と言えるが、総合的な国力については「実は良く知られていない」ようだ。中国メディアの未来網は14日、日本が実際にどれだけ発展しているのか分析する記事を掲載した。

日本と言えば、多くの中国人が真っ先に思い浮かべるのが、AKB48、富士山、寿司などだと記事は指摘。つまりソフトパワーが多いということのようだ。しかし、総合的な日本の実力についてはあまりよく知られていないのだという。

それで記事は、日本の国力を各方面から紹介している。その1つが、「知的財産権」だ。中国が遅れている分野であるが、日本での発展は米国と並ぶほどの知的財産を持ち、知的財産を世界に輸出して稼ぐことができていると指摘。GDPに占める文化産業の比率についても、中国は日本に到底及ばず、ここに文化産業の差が如実に表れているという。





また、「国民皆保険制度」も日本の優れた一面だと紹介。中国のようにお金がなくて病院に行けないという人はいないうえに、救急車を呼んでもお金がかからず、しかも10分以内に到着するというのは、「それだけ救命を最優先している」からだと感心した様子だ。 ほかにも、日本はアジアで唯一老後を過ごすのに適した国と言って良いほど、高齢者福祉が充実しているほか、世界一の長寿であること、犯罪率が低いこと、政府による汚職が少ないこと、老舗企業が多いこと、日本人の特徴と言っても良い「清潔さ」に関しては、身づくろいがきちんとしているため、海外でも中国人や韓国人との差がはっきりしていることを挙げ、日本を絶賛した。
http://news.searchina.net/

【管理人 補足記事&コメント】
わが国の高齢者介護は、人口の高齢化が緒についたばかりの1963(昭和38)年に老人福祉法が制定された以降の歩みをみても、70年代の老人医療費の無料化、80年代の老人保健法の制定、90年代の福祉8法の改正・ゴールドプランの制定など、人口の急速な高齢化が進む中で、その時代、時代の要請に応えながら発展してきた。高齢化社会とか介護とか言いつつも、高齢者に多くの貯蓄があるのも事実、一方で年金暮らしで必至な人も多いのも事実。個別に分けつつ、貯蓄ある人が支えている自国民経済と、若者がる構築する日本経済との融合であるから、バランスよく考慮するシステムが重要となる。

そういう意味では、日本のシステムはそう悪いわけではない。日本の将来を考慮しても、対外資産は世界一位であるから、しっかり政策を前に進めれば、高齢化社会とはいえ、社会構造は崩れることは無いだろうし、人材不足とはいえ、様々な方法で企業は進化するだろう。総合的に見れば、日本は中国と比べて等と言う、比較対象にはならないわけで、13億人を抱える大国が今後関わる社会問題は莫大となる。日本のような構造改革は難しい。



最新記事要約


関連記事

ブログパーツ
[ 2017年08月18日 18:56 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(1)
城管と電動スクーター
利権とかいうなら、こっちの話のほうが面白い。

おお! 日本にも「城管」がいるのか! わが国と違って「てきぱき」と作業=中国報道
http://news.searchina.net/id/1636598?page=1

中国 免許不要の電動スクーターによる交通事故激増
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20161023/frn1610231000003-n1.htm
[ 2017/08/19 00:16 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp