韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  在韓米軍レーダー、中国の動きを探知できない場所に配備

在韓米軍レーダー、中国の動きを探知できない場所に配備

在韓米軍が慶尚北道星州に野戦配備した高高度防衛ミサイル(THAAD)のレーダーは、中国方面を探知できない位置に据えてあることが分かった。韓国政府は今月12日、THAAD基地で小規模環境影響評価を実施した。この作業に参加した韓国政府の関係者は18日「THAAD基地は山に取り囲まれており、THAADのレーダーは西側の山のふもとにぴったりとくっつけて置かれていた。中国方面は山が電磁波を遮り、探知できない配置」と語った。THAADで中国内陸部を覗き見ることができるという中国の懸念は杞憂に過ぎない、ということだ。

この点に関して、国防部(省に相当)の関係者は「現在THAADのレーダーが置かれている位置は、北朝鮮のミサイルを探知する上で最もふさわしい場所を選んだ結果。位置の選定に当たって、ほかに変数はなかった」と語った。つまり、THAADは北朝鮮のミサイルに対応するためという当初の軍事的目的に合わせて配置しただけであって、中国の反発といった政治的・外交的変数は考慮しなかったと言っている。しかし韓国軍内外からは「今年4月末にレーダーやランチャー2基などTHAADの一部戦力を野戦配置した際、韓米が中国の反発を意識して、そもそも中国方面を探知できない位置にレーダーを置くことにした可能性はある」という声が上がっている。




星州に配備されたTHAADのレーダーは、最長探知距離が600-800キロの終末段階迎撃用(ターミナル・ベースド・レーダー、TBR)として運用されている。中国は、このレーダーが中国の安全保障上の利益を侵害する探知距離2000キロの前方配置用(フォワード・ベースド・レーダー、FBR)に転換されかねないという理由から、THAADの配備に強く反対してきた。

韓国政府の関係者は「現場を見れば、THAADはもっぱら北朝鮮のミサイル対策を目的に配備されたという説明がまさしく理解できる。しかし中国は、THAADを叩いて韓米同盟を揺さぶろうという意図を持っているので、そもそも「中国探知用」ではないという証拠を挙げても聞こうとしない」と語った。
http://www.chosunonline.com/

【管理人 補足記事&コメント】
朝鮮日報は、邱国洪・駐韓中国大使は18日、「韓国に新政権が発足して以来、習近平国家主席は文在寅(ムン・ジェイン)大統領との電話会談や直接会談で「初心を忘れるな」という言葉を2回口にした」と語ったと報じた。邱国洪大使は同日、現代中国学会と韓国高等教育財団が共催した「韓中国交樹立25周年国際学術会議」のあいさつで「このところ両国は終末高高度防衛ミサイル(THAAD)問題で紆余(うよ)曲折を経ているが、各分野の交流協力も影響を受けている」と述べたという。

中国防衛にならないのならTHAAD防衛の意図が半減する。まして北朝鮮は弾道ミサイルで韓国を攻撃するのかと言う基本的問題がある。普通で考えれば隣の国に弾道ミサイルを打つのかと考えれば、防衛方法は変わってくるだろう。韓国は米軍傘下であるから、アメリカ本土を優先に考えるだろう。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年08月19日 10:26 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(1)
タイヤ付きポータブルレーダーだが
なんとも、気休めなことを言って、中国をだます魂胆がみえみえ。
THAADのレーダーはタイヤ付きでポータブルな代物だ。
つまり移設可能。
場所が・・・というなら、中国の査察を受け入れないと
話にならないでしょう。そんな馬鹿なことはありえない。
[ 2017/08/19 23:10 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL