韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  海外の方が割安と感じさせる韓国旅行事情

海外の方が割安と感じさせる韓国旅行事情

夏休みで北海道の函館に行ってきた。香港・ナポリと共に「世界三大夜景」と言われる函館の夜景を見ようと展望台に向かうロープウェイに乗った。高度が上がるにつれて窓ガラス越しに市内の夜景が見えてくると、あちこちから歓声が上がった。「わー、きれい!」という韓国語が聞こえてきたので振り返ってみると、女子高生2人が夜景をバックに「自撮り」をしていた。「ほかの家族はいなくて2人だけで来たの?」と聞くと、「1カ月間アルバイトをして貯めたお金で来た」と答えた。高校生でも自分の力でお金を稼ぎ、日本に旅行に来られることに、あらためて驚いた。

だが、その驚きはやがて「そういうことも十分できそうだ」という考えに変わった。函館の名物ハンバーガー店「ラッキーピエロ」でハンバーガーとウーロン茶1杯、そしてマグカップにいっぱい詰まったフライドポテトが出てくるセットメニューの値段は約6600ウォン(650円)だった。韓国で人気の日本映画『Love Letter』の舞台となった坂道や日本初の西洋式城郭で囲まれている五稜郭公園など、函館の名所を巡る市電は600円の一日乗車券で乗り降り自由だ。食費・交通費・買い物代などで一日1万円はかかるだろうと覚悟していたが、ホテルに帰るといつもお金が残っていた。往復約30万ウォン(約2万9000円)の格安航空券や宿泊費を合わせても3泊4日の旅行にかかったお金は約100万ウォン(約9万5000円)だった。





ただ安いだけではない。1泊11万ウォン(約1万円)の3つ星ホテルでは、スタッフがパスポートを確認すると韓国語で「函館にようこそ」とあいさつした。スーツケースも部屋まで運んでくれた。町の小さな居酒屋でも「カンコク(韓国)」と言えば韓国語で書かれたメニューを渡してくれた。観光客のための儀礼的な親切かもしれないが、「少ないお金でもおもてなしをしてもらえる」という思いを旅行期間中、ずっと感じた。
http://www.chosunonline.com/

【管理人 補足記事&コメント】
台湾(中華民国)の首都で政治・経済・文化の中心である。ITなど情報産業分野で世界をリードするほどの最先端の都市として知られているが、歴史的観光地の量と質においても第一級のものを備えている世界都市である。世界四大博物館のひとつに数えられている有名な故宮博物院を筆頭に由緒ある寺廟や紀念堂が多く、また屋台が連なる観光夜市など庶民派グルメの人気も高い。市街地は過剰なほどの人口密集地帯であるが、郊外には自然豊かで風光明媚な見どころが多いのも魅力となる。

関西発4日間で2万円以下、成田発でも3日間で3万円以下のパックがあるくらいで、日本国内旅行より時間も早いのではないか…。海外旅行も身近となったものである。朝鮮日報は、一生懸命働けば働くほど、長期休暇にゆっくりしたいという欲求はますます高まるが、韓国の観光地は依然として「休暇シーズンだけの商売」ばかり考えている。その間に低価格競争を繰り広げる格安航空会社、10分で終わる予約代行サイトの海外ホテル予約、韓国よりも安くなった物価…。海外旅行へのハードルはますます下がっていると愚痴をこぼす…。



最新記事要約


関連記事

ブログパーツ
[ 2017年08月20日 09:28 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp