韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  文大統領「軍の戦時作戦統制権の移管準備を全力で支援」

文大統領「軍の戦時作戦統制権の移管準備を全力で支援」

文在寅(ムン・ジェイン)大統領は20日、「北朝鮮の核とミサイルに対する対応戦力と自主国防能力を強化するため、大統領が行使できる責任と権限を全うする」としたうえで、「3軸システム(キルチェーン、韓国型ミサイル防衛システム、大量報復システム)を早期に構築し、戦時作戦権の移管を準備している軍の努力にも支援を惜しまない」と述べた。

文大統領は同日、国防部で開かれた合同参謀議長の離任・就任式典での演説で「強い軍隊を作るための国防改革はこれ以上遅らせることのできない国民の命令である。軍が国防改革の主体になるべきだ」としたうえで、「新任のチョン・ギョンドゥ合同参謀議長を中心に全軍が一丸となって、政府の国政目標である平和と繁栄の朝鮮半島を実現し、戦って勝てる強い軍を作るのに尽力してほしい」と呼びかけた。この場で、チョン統合参謀本部議長は就任演説で「敵が挑発するなら、痛烈に後悔するよう断固として強力に報復する」と明らかにした。現職大統領が合同参謀本部議長の離任・就任式に出席したのは今回が初めてで、朝鮮半島の安保危機が高まった状況で、国防改革の意志を強調し、軍の士気を盛り上げるためのものと見られる。





文大統領はまた、先週18日に発生したK-9自走砲射撃訓練事故と関連し、「犠牲になった将兵と遺族に深い哀悼の意を表する」として、礼遇・補償・治療と事故の原因究明を約束した。同日午後、陸軍はこの事故で犠牲になったL中佐とC一等兵の殉職を認め、それぞれ1階級進級を追敍した。

一方、文大統領は同日、離任・就任式でイ・スンジン元合同参謀議長の妻に「カナダ行きの往復航空券」2枚をプレゼントした。文大統領は行事の後、フェイスブックに「(イ・スンジン大将が)軍に努めている間、妻と海外旅行を一度も行ったことがないという話を聞いて、お嬢さんのいるカナダでも一度行って来てほしいと思い、特別にカナダ航空券2枚を大統領からの離任記念プレゼントとして差し上げた」と書いた。イ前合同参謀議長は先月18日、文大統領と軍指揮部の昼食会で、「軍生活42年間で45回も引っ越しており、弟たちの結婚式にも一度も出席できなかった」と話した。
http://japan.hani.co.kr/

【管理人 補足記事&コメント】
アメリカが世界の警察から身を引くとしたオバマ前政権下で、トランプはアメリカの世界立ち位置をどうするのかが見えていない。世界の警察から身を引けば、世界の統制は一時的には乱れるわけだが、同盟国で対応するのか、問題発生時の対応方法を明確にする必要がある。様々な世界会議等々はあるが、先導するリーダ^国が力不足では、自己都合な国だけが増えて、統制は取れない。そういう意味では日本の立ち位置は重要となる。戦争は繰り返さないとしても日本は軍事力拡大を続けるだろうし、日本同盟国を実現すれば、アジアの近隣諸国で日本をリーダーとして形成する形が構築できるが、ロシア或いは中国と言う大国と向き合うことになる。

アメリカの立ち位置も微妙だ。アジアにおけるアメリカの立ち位置は日米同盟と言う形で本格化するほどに、アメリカの日本利用と言う動きを避けれるにはまだまだ時間を要する。一方朝鮮半島においては、韓米FTAはひとつの重要な意味を持つ。韓国価値が無ければ、トランプは韓国を守る必要性において、アメリカ本土を危機にさらす必要もない。考え方だが、低姿勢外交が出来れば、北朝鮮に牙をむく必要もない。韓米同盟を解消し、日米同盟にゆだねるという道もある。日本にとっては厄介だが、その時の中国の役目も重要となる。

トランプが本当に頭が良ければ自国のために何をすべきかは答えはある気もするが…。ただ約束を守らない朝鮮人に対して、対話で安全条約を結んだとしても、強く大きなくぎを刺しておく必要がある…。どちらにしても韓国は必要がないのだが…。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年08月21日 09:58 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(1)
戦時作戦統制権の移管・・・いいね
<自主国防能力を強化するため、大統領が行使できる責任と権限を全うする>との事で、戦時作戦統制権の移管を検討している。
いいですね。早急に行動して下さい。
これで、韓国軍は晴れて自由に慣れるのですから。
と、同時に在韓米軍もやっと自由になれる。
[ 2017/08/21 11:07 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp