韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国造船3社、最先端コンテナ船で中国に敗北

韓国造船3社、最先端コンテナ船で中国に敗北

現代重工業はこのほど、世界最大級で最先端のコンテナ船の受注競争で中国企業に敗れた。これまで韓国造船業界は代表的な高付加価値船舶である超大型コンテナ船の建造で世界の主導権をしっかり握っていると評されてきただけにショックを隠せない。

同社のヨ・ヨンファ産業営業本部常務は今年1月の業績説明会で、「(フランス海運大手の)CMA CGMから大型コンテナ船を受注した経験があり、良好な関係を維持している。受注を確信している」と話していた。

造船・海運分野の専門メディア「トレードウィンズ」は、2万2000TEU(20フィート標準コンテナ換算)級のコンテナ船9隻を発注したCMA CGMが中国の造船所2カ所と船舶の建造意向署(LOI)を交わしたと報じた。9隻の受注総額は14億4000万ドル(約1570億円)に達するという。2万2000TEU級は過去最大規模のコンテナ船だ。





今回の受注競争には、韓国造船3社の現代重工業、サムスン重工業、大宇造船海洋がいずれも参入したが、結局は中国勢に敗れた格好だ。 業界は中国の造船所の高付加価値船舶建造技術と価格競争力を中国の海運会社ではなく世界大手の海運会社までもが認めたという点で衝撃を受けている。特にバンカーC油と液化天然ガス(LNG)を使用する二重燃料推進システムを備えた最先端の船舶受注競争ですら中国に押されたことになる。

これまで韓国造船3社は全世界で大型コンテナ船の受注を独占してきた。韓国に船舶価格がやや割高でも技術力が優れていたため、リードしているとの評価を受けてきたからだ。業界関係者は「世界的な海運会社が最近、海運市場の主導権を握るため、これまでは延期していた大型コンテナ船の受注を増やす中での失敗だけに衝撃はさらに大きい。中国政府の政策支援の中で中国が韓国造船3社と競争力の格差を急速に狭めている」と述べた。
http://www.chosunonline.com/

【管理人 補足記事&コメント】
中央日報は7月、グローバル造船・海運調査機関である「クラークソン」によると、ことし1月~6月28日の韓国造船会社の受注量は256万CGT(標準貨物船換算トン数)で、前年同期より2倍以上増えた。この期間に韓国は世界で最も多い34%のシェアを占めた。中国が6月末、受注量を増やして終盤に逆転される可能性はある。韓国が中国の追い上げを振り切れば、2012年以来5年で1位を奪還することになると報じている。

受注戦の先鋒には現代重工業グループが立っている。現代重工業・現代三湖(サムホ)重工業・現代尾浦(ミポ)造船3社はことし上半期に72隻を受注した。金額では42億ドル。ことしの年間受注目標額(75億ドル)の56%を達成した。72隻のうち60隻がタンカーだった。 サムスン重工業も同期間に13隻を受注した。受注額は48億ドルで、現代重工業グループよりも多い。金額が高い海洋プラント2隻を受注したからだ。サムスン重工業は先月末、2隻のシャトルタンカーを2億6000ドルでさらに受注した。大宇(テウ)造船海洋も7隻、金額では7億7000万ドルの船舶を受注した。

しかし1ドル1137ウォン…現在の値である。造船業は1ドル1125ウォンが損益分岐点となる。産業の中でも為替が一番厳しい産業となる。このところウォン安とは言い難いが、それほど高いウォンの値ではない。が…、造船業にとっては厳しい状態となる。この状態でいくら受注しても受注するほどに赤字となる。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年08月21日 11:44 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp