韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国の自動車産業、人件費高騰し輸出不振…2025年には世界シェア3.8%

韓国の自動車産業、人件費高騰し輸出不振…2025年には世界シェア3.8%

「新興国の成長によりサンドイッチ状態が深化する」。国策研究機関である産業研究院が診断した韓国の主力産業の現住所だ。産業研究院は20日、2015年からの10年間に半導体と防衛産業など一部産業を除くと韓国の主力産業の大部分は世界市場でシェアが下落すると予想した。

産業研究院がこの日公開した「韓国主力産業の未来ビジョンと発展戦略報告書」によると、韓国主力産業は成熟段階に入り込み既存製品の生産と輸出が大幅に増えるのは難しい構造に変わっている。これにより単純生産拡大は限界に直面した。

こうした状況では自動車、造船、石油化学、繊維、家電、通信機器などは産業発展に向けた多様な革新をしても2025年の世界市場シェアは2015年のシェアに満たないと予測された。自動車(5.2%→3.8%)、造船(36.2%→20.0%)、石油化学(5.4%→4.7%)、繊維(2.0%→1.2%)、家電(3.1%→2.5%)は2015年以降シェアが低くなるという意味だ。



これに対し報告書は半導体(16.5%→18.2%)、一般機械(2.8%→2.9%)、防衛産業(2.4%→2.7%)は相対的に10年後に世界市場でのシェアが2015年より拡大するとみた。 報告書は主力産業の成長率が鈍化する原因として国内生産環境の弱さと新産業部門への転換遅延を挙げた。自動車分野などで高い人件費と制限された内需市場で国内生産環境が悪化しており、世界的な不況と競争力低下で輸出も振るわず、既存戦略ではさらに成長するのに制約が大きいという指摘だ。

ここにすべての産業部門で構造高度化を推進中の中国も問題だ。中国は現在先進国についていく戦略を超え、すべての産業で質的構造高度化を推進している。今後中国が韓国のさらに強力な競争相手に浮上すると見る理由だ。 産業研究院は韓国の主力産業が取れる戦略を大きく4つ挙げた。▽生産性向上と規制など生産環境改善を通じた国内生産拡大▽グローバルバリューチェーンでの新たな役割摸索▽新製品と新産業を中心にした主力産業の変化誘導▽サービスなど事業範囲拡大――だ。
http://japanese.joins.com/

【管理人 補足記事&コメント】
2015年8月18日、韓国・毎日経済によると、現代自動車など韓国の自動車企業の賃金は世界の同業他社と比べて最高水準にあるが、その生産性は低く、1人当たりの生産台数はトヨタ自動車の3分の1に過ぎないと報じている。 世界的な金融危機を経た09年から昨年までの、日米独仏4カ国の自動車業界の賃金増加率は、それぞれ0.4%減、0.1%減、6.6%減、4.1%減と、減少または横ばいだった。また、トヨタ自動車の平均年収は08年に800万円だったが、09年に710万円に急減、昨年再び800万円台に回復した。一方、韓国自動車各社の賃金は業況と関係なく、07年以降年平均6.6%増加、昨年の主要5社の平均賃金は9234万ウォン(約970万円)にアップしている。

企業競争力を示す売上額に対する人件費の比重を見ると、昨年の韓国各社は12.4%で、フォルクスワーゲン(10.6%)、トヨタ(7.8%)より高い。さらに、韓国5社の1人当たりの売上規模は7億4706万ウォン(約7836万円)でトヨタ(15億9440万ウォン、約1億6724万円)の半分に満たず、1人当たりの自動車生産台数は37台、トヨタの93台を大きく下回ったという。結果そのツケが今表れているという事だろう。品質低下も伴い、逃げ道がない。働かない南朝鮮人に高給料を払い、中国工場で同じ車種が、一日の生産台数で3倍となるのでは、韓国内で製造すること自体が論外である。この国の製造作業者は自己都合製造では、企業は倒産するだけとなるが…。



最新記事要約


関連記事

ブログパーツ
[ 2017年08月21日 12:21 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
写真はホンダ工場みたいですが
現代起亜の海外生産比率は2014年の45%から2016年52%に上昇。
業績が海外頼りなら、面倒くさい国内生産はやめればいい。
蔚山(ウルサン)工場は153万台作れる大工場だが、ここは閉める。
問題は、この先韓国内の拠点をどう使うか、研究開発にとテスト生産に絞る
ことになるだろうか。
もうひとつ、電気自動車を作るのに拠点の答はあるのだろうか。
ヒュンダイは電池はLG化学のようですね。
[ 2017/08/21 17:33 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp