韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  上半期に研究開発費8兆ウォンのサムスン・・・売り上げ比の投資は3年連続減少

上半期に研究開発費8兆ウォンのサムスン・・・売り上げ比の投資は3年連続減少

サムスン電子は高画質映画500本を保存できる1テラビット(Tb)級VNAND型フラッシュメモリーを10日に公開した。指のつめほどの大きさだが容量は世界最大だ。ウェハーを重ねて回路を刻む3D技術により高容量メモリーを生産している。2013年に世界で初めて3D半導体の量産体制を構築しサムスン電子の歩留まりは飛躍的に上昇した。サムスン電子がインテルを超えて世界最高の半導体会社になるのには8年前の3D投資が決定的役割をした。

竹は竹の子を出すのに3年かかる。竹の子が出れば竹は3カ月で5メートル近く育つ。企業の研究開発投資も同様だ。これは成長の原肥であり未来に向けた貯蓄だ。ゼネラルエレクトリック(GE)が100年以上にわたり革新企業としてあがめられる理由も研究開発のためだ。 だが韓国企業の10年後は不安だ。研究開発投資が停滞しているからだ。




上半期の韓国10大企業の研究開発投資規模を調査した結果、全売り上げに対し研究開発投資が占める割合は4.2%から4.1%に減少した。投資規模は13兆3273億ウォンで前年同期の12兆7560億ウォンより4.4%(5713億ウォン)増えた。しかし売り上げ増加率ほどは増えず割合が下がった。現代・起亜自動車の場合、上半期に研究開発に1兆7018億ウォンを投資した。売上額に対する割合は2.3%で前年同期比837億ウォン減った。売上額比の割合はフォルクスワーゲンの6.3%やトヨタの3.8%の半分にとどまる。

米国・中国市場の不振とグローバル大手メーカーの合従連衡など急変する産業環境の中で研究開発投資を増やすには現実的に限界があったためと解説される。グーグルやアップルと競争するサムスン電子の売上額比の研究開発の割合は7.1%で前年同期の7.5%より0.4ポイント減った。この割合は2015年の7.4%、2016年の7.3%から3年連続で下落した。
http://japanese.joins.com/

【管理人 補足記事&コメント】
サムスンの場合の投資は、設備投資のほうが大きいのではないか…。名目だけが研究開発なんて事もありうるわけで、よく調査することである。2013年に世界で初めて3D半導体の量産体制を構築しサムスン電子の歩留まりは飛躍的に上昇したというが、この部分も調査の必要がある。東芝上層部は、約半年先をサムスンが進んでいる様だとした。とはいえ大半が日本の製造設備である。微細化技術開発と製造技術開発が不可欠だが、関連する技術者も不可欠となる。

研究開発するにしてもロードマップありきの中で、研究開発事業内部組織で業務を割り振るわけで、組織つまり、構成する多くの研究者となる人材は重要となる。さらに協力と信頼は不可欠となる。上半期に研究開発費8兆ウォン使っても、それが無駄な投資かどうかは、売り上げ比の投資だけで判断はできない。しっかりとメディアも組織と人材について勉強するべきだろう。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年08月21日 18:54 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
手っ取り早くM&A
サムスンは自前で技術開発など、もうめんどう臭いのでしょう。
M&Aでいい、資金はあるから。打率1割もあればいい。
[ 2017/08/21 20:18 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL