韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  安倍首相はプーチン大統領や企業家と会うが・・・文大統領は。。。

安倍首相はプーチン大統領や企業家と会うが・・・文大統領は。。。

文在寅(ムン・ジェイン)大統領が来月初めのロシア訪問期間中に開かれる韓国とロシア企業家の懇談会への参加を見合わせた。同じ場所で両国首脳が参加する中で大規模に開かれる日本とロシア企業家の懇談会とは対照的だ。一部では文在寅政権が韓国企業の海外進出を支援するのに消極的という批判も出ている。

財界によると青瓦台(チョンワデ、大統領府)は来月初めにロシアのウラジオストク極東連邦大学で開かれる第3回東方経済フォーラムの両国企業の会合「ビジネスダイアログ(懇談会)」に文大統領は参加しないと大韓商工会議所に通知した。大韓商工会議所が最近こうした青瓦台の立場を文大統領と同行する予定の企業関係者にも伝えたことが確認された。

大統領が経済人団とともに海外歴訪に出ながら現地企業家懇談会行事に参加しないのは異例だ。文大統領は6月の初の海外歴訪で米国を訪問した当時、韓米企業家懇談会だけでなく韓国企業家との懇談会にも参加した。




これに対し日本の安倍晋三首相は自国企業のロシア進出を側面支援するため日本とロシア企業家の懇談会に参加する。安倍首相が行事出席を決めるとロシアのプーチン大統領も同席を決め、両国企業家懇談会が両国首脳が主宰する会議として位置付けが大きく高まった。今回の行事に同行する日本企業は200社を超えるという。

現在文大統領のロシア訪問に同行する意向を明らかにした企業は50社前後という。6月の訪米経済人団と規模は似ているが重量感は相対的に落ちると評価される。今回のロシア歴訪に同行する大企業はサムスン、現代自動車、SK、LGグループの4大グループ系列会社、ロシアと取引関係が多い韓国電力、韓国ガス公社、ポスコ、現代重工業などだ。オーナーや最高経営責任者(CEO)クラスはほとんど参加しない。6月の訪米時には崔泰源(チェ・テウォン)SKグループ会長、具本俊(ク・ボンジュン)LG副会長ら大企業オーナーと権五鉉(クォン・オヒョン)サムスン電子副会長らCEOが総出動した。
http://japanese.joins.com/

【管理人 補足記事&コメント】
外交目的と言うのは様々な重要な仕事を抱える。外交の意味を調べると、外国との交渉・交際。国家相互の関係とある。 外部との交渉・交際。特に会社・商店などで、外部に出て勧誘・受注などの仕事をすることと言われる。「外交交渉」という技術的側面と、「外交政策」という政治的側面である。外交という言葉は両者の全く性質が異なる概念を包括しており、使い分けられるべきものである。外交における諸活動とは、一般的には国家による国際社会の軍事・経済・政治など諸問題に関する交渉活動である。

様々な会議などなどで、国のトップは他国のトップと話す機会が増えるが、それは同時に自国経済の売込みにもつながるわけで、互いに実施するべき計画と思惑がある。文大統領はこの時点で、ロシアとアメリカにおいて、差別的な態度対応となる。大統領のレベルの低さと言える。自国経済発展のために様々な国のトップと会談すべきことである。形を作ってから関連した各大臣級に任せるわけで、最初から出席しないのでは論外となる。挙句にオーナーや最高経営責任者クラスもほとんど参加しないのでは、世界から孤立するという認識が薄いという事だろうか…。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年08月22日 10:58 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL