韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本社会 >  日本でたくさん見かけた和服美女・・・その多くが中国人だった

日本でたくさん見かけた和服美女・・・その多くが中国人だった

中国では経済成長によって社会のあらゆることが急激に変化しているが、その一方では伝統文化が数多く失われていることを嘆く声も多い。たとえば、北京市では高層ビルが林立する一方で、胡同(フートン)と呼ばれる伝統的な家屋は数を減らし続けている。

また、中国では伝統衣装を着用する文化はほとんど失われてしまっていて、訪日中国人が日本で着物や浴衣を着て歩く女性に羨望の眼差しを向けることも少なくない。

中国メディアの今日頭条は16日、大阪を訪れた中国人旅行客の手記を掲載し、「大阪では和服を着て歩く美女をたくさん見かけた」と伝える一方、その女性たちの多くはなんと中国人だったと紹介している。





大阪は日本第2の都市であるうえ、京都や奈良、神戸などへの移動も便利であり、美食も多く、賑やかな土地柄であるため、団体旅行、個人旅行を問わず、中国人にとって人気のある都市だ。

この中国人も大阪で様々な美食を楽しんだようだが、街を歩いていると和服を着た女性を数多く見かけたのだという。京都や奈良のみならず、大阪でも和服を着ている女性が多くいたことに驚いた様子だが、それよりも驚きだったというのは和服を着ていた女性たちの多くが中国人で、しかも「日本が大好き」だと語っていたことだったという。
http://news.searchina.net/

【管理人 補足記事&コメント】
中国人の日常生活のなかから失われつつあるものの1つに伝統衣装が挙げられる。現代中国において、漢民族の伝統衣装である漢服を見かけることはほとんどなく、中国人自身も漢服を着る機会はほとんどなくなっているようだ。 一方、日本では浴衣や着物など、中国に比べれば伝統衣装が日常に残っていると言えよう。そのため、中国では日本に伝統衣装の文化が残っていることに対して羨望の声も存在し、なかには和服に中国の「唐服」の面影を感じ取った中国人が訪日中に和服を着用するケースも少なくない。
 
中国メディアの今日頭条はこのほど、京都を訪れた中国人が「現代日本において、伝統衣装である和服を着て歩く日本人」の姿に新鮮さを覚え、次々に写真に収めていたところ、和服を着ていた人の多くが中国人だったと包囲ている。京都では至る場所で和服を着た人を見かけることができ、京都を訪れたからには「和服を着用したい」と考える外国人旅行客も少なくない。和服のレンタルサービスもあり、髪型までセットしてくれるサービスがあり、実際に多くの外国人がこのサービスを利用しているという。



最新記事要約


関連記事

ブログパーツ
[ 2017年08月22日 12:26 ] カテゴリ:日本社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp