韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  グーグルコリア、「アンドロイドで韓国は1.6兆円の利益享受」

グーグルコリア、「アンドロイドで韓国は1.6兆円の利益享受」

グーグルコリアがアンドロイド開放型OSの韓国消費者に提供した経済的効果は年間4兆5000億ウォン(約4300億円)に達するという分析結果を出した。アンドロイドはサムスンやLGの携帯電話など、アイフォンを除くほとんどすべてのスマートフォンで使われるOSで、ウインドウズなどと異なり消費者がグーグル側に払う費用はない。

グーグルコリアは22日、スマートフォンに使われるアンドロイドOSの経済効果を初めて定量化し分析した「アンドロイド開放型生態系が韓国に及ぼす経済効果」報告書を発表した。報告書は、企業、消費者、社会的恩恵に分けて効果を分析し、2010年にアンドロイド機器が初めて韓国国内で発売されて以来、アンドロイドが韓国の経済成長(GDP)に寄与した規模は約17兆ウォン(約1.6兆円)に達すると明らかにした。報告書を書いたビジネス戦略コンサルティング企業アルファベータのコンスタンチン・マティス博士(経済学)は「グーグルが提供したデータ以外の会社保有技術と400人の消費者対象インタビューを通じて分析した」と説明した。





グーグルとアルファベータは、韓国の消費者に「年間携帯電話料金のうち、いくら割引されたら現在使っているアンドロイドOSを放棄するか」で尋ねて、アンドロイドの体感価値を調査した。この結果、韓国のユーザーが算定した価値の平均値は年間15万2千ウォン(約1万4700円)であると調査された。スマートフォン用アプリの利用にともなう消費者の便益評価も年間15万7000ウォン(約1万5000円)と調査された。これを韓国国内のアンドロイドユーザー3000万人に掛け合わせて、消費者が年間4兆5000億ウォン以上の便益を得ていると計算した。

また、アンドロイドのオープンソース使用による企業と開発者の費用削減効果は、スマートフォン価格の引き下げをもたらし、競争および革新の促進により消費者の選択の幅を拡張させたと評価した。建国大のクォン・ナムン教授(経済学)は「サムスン・LG電子のような韓国メーカーだけでなく、多くの韓国国内の開発企業が短期間でグローバル競争力を育てることができたのは、誰もが無料で使用できるアンドロイド生態系の開放的特性が重要な役割を果したと見る」と話した。
http://japan.hani.co.kr/

【管理人 補足記事&コメント】
Googleは、Android端末の基本機能とも言えるGoogleモバイルサービス(GMS)を搭載して製品を発売する端末メーカーらに対して、端末1台あたり0.75ドルのライセンス料を課していると英国紙 The Guardianが報じたのが2014年である。Androidは、その基本的なソフトウェアは無償のオープンソースソフトウェアとして公開されており、(ライセンスの範囲内で)誰でもソースコードをダウンロードして自由に改変することができる。度々、「Androidはオープンソースで無償で誰でも利用できる」という謳い文句を耳にしますが、それはGMSを除けばの話で、GMSはAndroidの登場時より基本機能として大手メーカーのほぼ全ての製品にインストールされていることから、端末メーカーにとっては事実上無償とは言えない。

グーグルコリアがアンドロイド開放型OSの韓国消費者に提供した経済的効果を算出したところで、今の状況が実体経済であるから、さして意味を持たないが…。またグーグルが得たメリット・収益は分析せずでは自己都合に過ぎない調査となるが…。アンドロイドは新Verがもうすぐ公開される。かなり多機能となるようだが…。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年08月23日 10:44 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp