韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  サムスン、コントロールタワー再構築し「獄中経営」の可能性

サムスン、コントロールタワー再構築し「獄中経営」の可能性

サムスン電子のイ・ジェヨン副会長が25日、サムスンの賄賂事件で懲役5年の実刑を言い渡されたことで、サムスンの3世経営継承も不確実性に包まれるものと見られる。これまで急速に進められた経営継承のための所有支配構造の再編作業は事実上“オールストップ”されることになった。

市場では2014年5月、李健煕(イ・ゴンヒ)会長の健康悪化以降、イ副会長への経営権継承に向けた所有支配構造の再編を、大きく分けて4段階で分析してきた。第1段階は、サムスン全体を支配できる基礎を固める作業で、2014年の第一毛織(旧サムスン・エバーランド)の上場と2014年のサムスン物産と第一毛織の合併だ。第2段階は、サムスン生命を中心とした金融持株会社体制への転換だ。実際、サムスンは昨年1月、金融委員会に転換計画に対する事前検討を要請したが、金融委との意見の食い違いにより、全面保留された。





第3段階は、サムスン電子を持株会社と事業会社に分離する作業であり、第4段階は、金融持株と一般持株を統合して、サムスン全体を一つの持株会社体制に改編する作業だ。しかし、イ副会長が実刑を言い渡されたことで、このような計画の実行は少なくとも当分は見送られる見通しだ。経済改革連帯(所長キム・ウチャン高麗大学教授)は「イ副会長がサムスンの所有・経営権に対する過度な欲を捨てなければならない」とし、「これからは、法の穴を潜り抜けるようないかなる方法も試みてはならない」と強調した。

イ副会長の経営権承継は所有支配構造の改編を通じたグループ支配力の確保はもとより、サムスンの最高経営者として経営手腕を示すことで、サムスンはもちろん、社会の信頼を得ることで完結すると言える。イ副会長が今回の事件でサムスンの公式後継者としての地位を脅かされる可能性は低いが、リーダーシップや信頼性の面で大きな打撃を受けるものと見られる。彼は今月7日の最後陳述で「私がいくら考えが足りず、悪い奴だとしても(サムスン物産の合併に向けて)国民の老後資金である国民年金に損害を与えてまで、欲を張るようなことはしない」と訴えた。
http://japan.hani.co.kr/

【管理人 補足記事&コメント】
サムスンは経営権継承が見送られたことで、財閥経営が全く無になったとは言い難い。ただ、サムスンの経営内容のほうが気になるが…。利益があるように見せる方式は、韓国財閥の特徴ともいえる。半導体好調の裏で莫大な設備投資とともに、数兆円もの在庫となる半導体を抱えるともうわさされているだけでなく、低価格スマホの赤字補てんとともに、実は…。。。と言う話が出れば様相は一変するだろう。

現代自は身動き取れないほどに低迷路線を突っ走っている。頼みの綱となるサムスンとて、中国が半導体を韓国から輸入しない手立てを見つければ、サムスン電子が主となるサムスングループは資金が集まらない。株主が動けば、サムスンもまた身動きが取れない状態となりかねない。サムスン株主の今後の大きは関心ごととなる。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年08月26日 09:56 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp