韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  河野太郎外相、「東アジア-中南米協力フォーラム」外相会議不参加

河野太郎外相、「東アジア-中南米協力フォーラム」外相会議不参加

河野太郎外相が文在寅(ムン・ジェイン)大統領の強制徴用被害者請求権発言に抗議する次元で、8月29日~9月1日に釜山で開かれる「東アジア-中南米協力フォーラム」外相会議に参加しないと産経新聞が25日報道した。

同紙は複数の日本政府関係者の話を引用して、河野外相が今月7日、フィリピンで開かれたASEAN地域安保フォーラム(ARF)で韓国のカン・ギョンファ外相に強制徴用者問題に関する韓国政府の対応に抗議したと伝えた。だが、文大統領が17日、三菱など日本企業に対する被害者の損害賠償請求権は生きているという立場を明らかにすると、河野外相が訪韓を「当分保留」したと報道した。同紙はこれに先立って韓国政府が招請状を送ったとし、「隣国で開催される会議に日本の外相が参加しないのは異例」と伝えた。

強制徴用者問題が1965年の両国政府間による韓日請求権協定ですべて解決されたと主張する日本は、文大統領の発言に対して韓国政府に抗議したことがある。21日には日韓議員連盟日本側代表団を率いて訪韓した額賀福志郎会長が文大統領に「強制徴用被害者関連発言に対して日本で憂慮する国民が多い」と話した。
http://japan.hani.co.kr/




【管理人 補足記事&コメント】
産経ニュースは、外相会談後に韓国内で徴用工や慰安婦に関する日韓合意などの解決済みの問題を蒸し返す動きが続く中、日本政府は韓国側の対日政策を見極める必要があると判断し、河野氏の韓国訪問を当面見送ると報じた。 韓国政府は河野氏に対し、今月29日~9月1日に釜山(プサン)で開かれるアジア中南米協力フォーラム(FEALAC)外相会議への招待状を送付していた。隣国での開催に日本の外相が欠席するのは異例といえる。

安倍政権も日本国民の思いに反する態度対応はできないだろう。日本国民がいくら韓国に対して無関心とはいえ、慰安婦問題はニュースで知っているわけで、そんな国へ行くこと自体が安倍政権の不信火種になりかねない。慰安婦合意を貫き通すことが不可欠となる。一方、ミサイル開発を続ける北朝鮮対応で両国の密接な連携は不可欠で、9月中下旬に米ニューヨークで開かれる国連総会などの多国間外交の場では外相会談を行う方向で調整を進めているという。

河野氏の抗議後の今月17日、韓国の文大統領は記者会見で1965年の日韓請求権協定で消滅した徴用工に絡む請求権について「個人の権利は残っている」と発言した。文氏の発言を受け安倍総理が電話会談で解決済みとしている。日本からいくら金をとれば気が済むのか、いい加減にしてもらいたいが…。韓国に対する貿易制裁を実施するくらいの行動が今の安倍総理に必要だが…。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年08月26日 10:14 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL