韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  日本のビール工場が体現する「ロボットと人が共存する未来」

日本のビール工場が体現する「ロボットと人が共存する未来」

モノ作り大国・日本の製造業におけるオートメーション率は、世界最高レベルだと言われている。これまで人間がやってきた作業の多くをすでにロボットが担っており、人間はその管理役に回っているのだ。中国メディア・今日頭条は21日、日本のビール工場でのオートメーション化について紹介する記事を掲載した。

記事は「東京の近くにあるアサヒビールの大型工場では、何全何万という缶にビールが詰められ、6本で一まとめにされ、どんどん箱に詰められていく。1分間に1500箱できるとのことだ。そして、見渡す限り人っ子一人いない。日本のオートメーション化のイメージが見事に体現されているのである。ロボットが重労働を担当し、人間はロボットの正常な動きを確保し、センサーなどの検査をするだけだ。工場のマネジャーによれば、ロボットによる生産ラインで96%の作業が完了するとのことである」と伝えた。




そのうえで、日本では1990年代にロボットが大きく発展したこと、「自動車業界で、日本では労働者1万人あたり1562台のロボットが存在し、米国の1091台、ドイツの1133台より多い。他業界でもロボットの数は米国とドイツを上回る」という米政府の報告を紹介している。記事によれば、日本のオートメーション化に対する態度は米国などの他国とは異なるとのこと。その要因にあるのが日本独特の終身雇用制なのだという。「たとえ作業員の能力がすでに劣っていたとしても、大部分の日本企業は彼らを会社に留め、再びトレーニングを施して別の任務に就かせる。オートメーション化が進む日本では、人類とロボットとの共存が追求されているのだ」と論じた。

その事例として、同社のビール工場で29年働いているベテラン社員を挙げた。以前の持ち場がロボットに取って代わられたが「かつては缶のキャップ部分を手動でロボットにセットしなければならず、肉体的にも精神的にもきつかった。それに以前のロボットはしょっちゅう問題を起こしたし、センサーがなかったので頻繁に検査をしなければいけなかった。だから、オートメーション化にはとても感謝している」と語ったことを紹介し、「多くの日本の労働者もこの社員同様、オートメーション化で自分の仕事場がなくなることを憂慮していないのである」と解説している。
http://news.searchina.net/

【管理人 補足記事&コメント】
製造業を「インターネット」と「AI(人工知能)」という新たなテクノロジーによって自動化する動きが、欧米を中心に勢いを増している。 調査会社の矢野経済研究所では2015年11月、機械学習やディープラーニング、自然言語処理、画像認識などのAI技術や、それらの技術を活用したソリューションを対象とするAI活用の中・長期的な市場予測を発表しました。同調査によると、製造業においては、ドイツの「インダストリー4.0」構想に含まれているスマートファクトリー(産業ロボットの活用などによる工場の自動化)の実現に向けて、AIが活用される見通しとした。産業ロボットの活用による製造、発注や在庫管理の自動化、マスカスタマイゼーション(個別品の大量生産)などが実現し、長期的には産業構造が変化していくと分析している。

革新的な電気自動車の開発で知られるアメリカのテスラ・モーターズ。カリフォルニア州の同社工場では、労働者の代わりに160体以上のロボットをラインに配置し、作業の合理化が進められている。一方、キヤノンは子会社の大分キヤノンの敷地内に、ロボットなどを駆使した完全自動化工場の建設・運営に必要な技術を研究開発する「総合技術棟」を開設し、2016年から稼動している。同技術は国内4工場のラインに採用し、順次完全自動化していくとした。欧米では、労働者をロボットに置き換える自動化の動きは加速しているものの、一部の工程には人の手が必要で、まだ完全自動化を達成した工場がないため、注目されている。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年08月26日 11:06 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL