韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  韓国海軍、原子力潜水艦の開発に向けた準備作業に着手

韓国海軍、原子力潜水艦の開発に向けた準備作業に着手

海軍が原子力潜水艦の開発をめぐる法的な問題に対する研究依頼を推進している。原子力潜水艦の開発を念頭に置いた実務準備作業と見られる。 海軍当局者は27日、政府の電子調達システムを通じて「原子力艦艇の開発に向けた法的要件」に関する研究を依頼するため公告を出す計画だと明らかにした。海軍は当初今月10日、同研究依頼の入札を公告したが、「研究依頼の範囲が広範囲かつ抽象的」という意見を受け、発注手続きを一旦中止したという。

海軍当局者は「国内法および国際法などの要件について、範囲をもう少し具体化してから、再び公告を出す計画」だとし、「手続きを再び踏むのに1カ月程かかるだろう」と話した。原子力潜水艦の導入は文在寅(ムン・ジェイン)大統領が必要性を提起してから、急ピッチで進められている。北朝鮮の潜水艦発射ミサイル(SLBM)を防ぐために必要だという理由からだ。





しかし、原子力潜水艦の推進は、核の軍事的利用を禁止した韓米原子力協定や核不拡散条約(NPT)、朝鮮半島の非核化宣言などに抵触するという反論が提起されてきた。今回の研究は、これらの議論を検討し、見極めるためのものだ。研究依頼は3カ月を期限としており、費用は4500万ウォン(約440万円)だ。発注が順調に進めば、早ければ今年末や来年初めに研究依頼の結果が出るものと予想される。
http://japan.hani.co.kr/

【管理人 補足記事&コメント】
文在寅政権の脱原発政策、朝鮮半島非核化宣言、韓米原子力協定などを挙げ、韓国による原子力潜水艦の建造・運用には制約があるとの指摘も出ているが、軍関係者は、艦艇の推進動力として原子力を使用することについて国内外の条約や協定、宣言などの規定は異なる解釈の余地があると説明。「近ごろ開発されている原発技術は安全性が高くて放射能漏れのリスクが低く、民間用船舶のエンジンとして積極的に検討されている」と聯合ニュースが伝えている。

専門家も、原子力技術で世界トップ5に入る韓国がその気になれば、2~3年のうちに原子力潜水艦を建造できると主張する。自国技術の過信でしかないだろう。北朝鮮のSLBMを搭載した潜水艦の戦力化に対処する最も効率的な兵器システムとして原子力潜水艦の必要性を挙げる韓国専門家が多いが、すぐ挫折する韓国である。挙句に資金も莫大である。研究依頼程度が限界ではと思うが…。2~3年のうちに原子力潜水艦を建造出来ると語る専門家の理由を詳細に掲載してほしいものだが…。



最新記事要約


関連記事

ブログパーツ
[ 2017年08月28日 09:43 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(2)
原発すら安全に保持出来ない原潜なんて無謀だろう
韓国で機械的に非常に弱い熱交換パイプ部分にハンマーがある事が解かり、稼動不可になった原発はどうするの?
韓国で原潜なんか造ったら世界の海を徘徊する放射能排出装置でないか?
[ 2017/08/28 14:48 ] [ 編集 ]
😱 それだけはご勘弁を!
 相手国に強力な打撃を与える兵器! 沈没して放射能排出装置として未来永劫に放射性廃棄物。😱 それだけはご勘弁を!
[ 2017/08/28 17:36 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp