韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  北朝鮮 >  正恩氏、トランプ氏恐れ最小限挑発か 「短距離ミサイル3発」のワケ

正恩氏、トランプ氏恐れ最小限挑発か 「短距離ミサイル3発」のワケ

狂気の指導者、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長率いる北朝鮮が、さらなる愚行に出た。26日朝、日本海に向けて飛翔体を発射したのだ。北朝鮮は米領グアム周辺への弾道ミサイル発射を「予告」していたが、今回は短距離弾道ミサイルで失敗に終わったとの分析もある。トランプ米政権の反発にビビった正恩氏が最小限の挑発に抑えた可能性がある。

韓国軍合同参謀本部によると、飛翔体は26日午前6時50分(日本時間同)ごろ、北朝鮮南東部の江原道旗対嶺(カンウォンドキッテリョン)付近から北東方向の日本海に向けて発射。250キロあまり飛行したという。 米太平洋軍の発表では短距離弾道ミサイルとみられている。1発目と3発目は飛行の途中に墜落し、2発目は発射直後に爆発したとしている。

今年に入って弾道ミサイル発射を繰り返し、暴走を強めている北朝鮮は今月9日、グアム沖に弾道ミサイルの発射を検討していることを表明した。これに対し、トランプ大統領はツイッターで「北朝鮮が愚かな行動を取るなら、軍事的解決策を取る準備は整っている」と警告。北朝鮮は米国を非難しながらも、グアム沖への弾道ミサイル発射を「保留」する意向を示していた。





今回の飛翔体が短距離弾道ミサイルと仮定した場合、北朝鮮にはどんな意図があったのか。評論家で軍事ジャーナリストの潮匡人氏は「関係国、特に米国の反発を恐れ、スカッドのような短距離の弾道ミサイル発射にとどめた可能性がある。短距離弾道ミサイルであれば、ただちに米国の武力行使を引き起こすリスクは低いと判断したのではないか」と指摘する。

ただ、短距離弾道ミサイルとしても日本が危険にさらされている状況には変わりない。潮氏は「北朝鮮にミサイルを撃たせないために、どうするかという、より踏み込んだ議論に進むべきだろう」と話した。
http://www.zakzak.co.jp/

【管理人 補足記事&コメント】
朝鮮日報は、軍事・安全保障の専門家たちは今回の北朝鮮の挑発を「100パーセント韓国攻撃用」だと指摘すると報じた。北朝鮮は先月28日、米国本土を攻撃できる大陸間弾道ミサイル(ICBM)を発射したが、今回の短距離飛翔体は韓国を攻撃の射程圏に収めている。北朝鮮は25日の「先軍節(軍事優先政治の始まりを記念する日)」には、金正恩朝鮮労働党委員長が視察する中、韓国のペンニョン島と延坪島の占領を想定した特殊部隊の訓練を実施した。

軍事・安全保障の専門家は、短距離飛翔体を発射してペンニョン島占領訓練を実施したということは、米国を相手にする前に韓国を確実な人質に取るということだと指摘する。一方で、北の発射を他人事扱いの青瓦台とした朝鮮日報である。先日ソウルで避難訓練が実施されたが、避難した人はごくわずかで訓練どころではなかった。今の韓国の姿である。アメリカが守ってくれるという長い年月が、朝鮮戦争継続中という事すら忘れている…。



最新記事要約


関連記事

ブログパーツ
[ 2017年08月28日 10:51 ] カテゴリ:北朝鮮 | TB(0) | CM(1)
やられたら、やり返す、当然の行為だ
毎日のように北のミサイルのニュースだ、今年いっぱいもやれば日本人も韓国同様慣れてくるのではないか、所詮、北の脅し、脅迫であって日本人のおどおどする様を見て北の指導部連中も楽しんでいるのではないか
緊急アラートが鳴る前に日本には着弾しているし、もし核攻撃ならば直径20キロ内の生き物は生存は無理、日本政府も打ち落とせないのに、PAK3の部隊をあっちこっちと移動する様はご苦労な事である、国民を安心させる為にいかにも自衛隊が仕事してますというパフオーマンス
私は厳しい言い方だが、この大和民族の生存が関わるような一大事になった時、憲法9条守ることなど論外、日本政府には反撃能力があるのだろうか、それをしっかり説明受けたほうが安心すると思うけれど、核攻撃を受けたならそれで又無条件降伏では悲しい、同じ過ちは繰り返さない、なら戦争も起さない、核爆弾も2度と落とされてはならないのである、
世界には無法な考えの政治指導者が必ず繰り返し現れる。
今、日本人が口に出してはいけないタブーが昭和天皇の戦争責任、そして日本に日本製の核兵器が存在するか否かを問うことである
私個人の考えはどちらもイエスであります
[ 2017/08/28 11:58 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp