韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  日本を訪れる外国人旅行客ばかり増えるのか・・・中国は減る一方

日本を訪れる外国人旅行客ばかり増えるのか・・・中国は減る一方

歴史的な背景から日本に対して良い感情を抱いていない中国人は多い。しかし近年は日本を訪れる中国人観光客が増加していることや、中国を訪れる外国人旅行客が増えないのに、訪日外国人が年々増加していることに対し、中国ネット上では悔しさを吐露する声が増えているようだ。

中国メディアの今日頭条はこのほど、外国人旅行客が増加し続ける日本とほとんど増えない中国には「観光地としての魅力に大きな違いがある」と論じる記事を掲載した。

円安はすでに一服しているが、日本を訪れる外国人旅行客の数は増加基調を維持している。日本政府観光局(JNTO)によれば、2016年に日本を訪れた外国人客は前年比21.8%増の2403万9700人に達し、17年1ー7月は前年同期比17.3%増となっている。しかも、7月の訪日外客数は、前年同月比16.8%増の268万2000人となり、単月として過去最高を記録した。




日本のインバウンドはまさに好調そのものだが、中国を訪れる外国人客は年1%程度の伸びにとどまっているとされ、悠久の歴史を持つことを誇りにする中国人としては外国人が観光に訪れないことが不満で仕方ないらしい。 記事は、「古くから文明を持つ中国を訪れず、日本を訪れるなんて」といった声が中国ネット上にあふれていることを紹介する一方で、日本を訪れる外国人観光客のうち、国籍別では中国が最多であることも中国人ネットユーザーにとっては大きな屈辱であるとした。

では観光地としての魅力を比較した場合、日本と中国にはどのような違いがあるのだろうか。記事は「清潔さ」、「販売されている製品の質」を挙げているが、これは中国人目線の魅力だと言える。また、中国は大気汚染や食の安全問題が深刻化しており、できるだけ訪問を避けたいと考える外国人は少なからず存在すると考えられる。一方、日本では治安面も含めて外国人が不安になるような要素がほとんどなく、こうした点は日本を訪れる外国人が増えている要因の1つと言えるだろう。
http://news.searchina.net/

【管理人 補足記事&コメント】
日本旅行で、娯楽サービス費が一番高いのがオーストラリアで、買い物代が一番高いのが中国だ。娯楽サービス費の高いオーストラリア人に人気なのが、スキーだ。多くのオーストラリア人観光客が、成田を経由して北海道に行き、スキーを楽しむ。主に西洋人のほうが長く滞在し、日本のいろいろなところを訪れる傾向がある。訪日外国人は「ジャパンレールパス」というJRグループ6社が共同して提供する、新幹線を含む日本中の鉄道に自由に乗り降りできるチケットを使用可能で、外国人旅行者はリーズナブルに国内を移動できる。そのため、交通費はあまりかけていない。

かつては日本への玄関は成田空港が中心だったが、最近では関西国際空港の発着も増えているほか、韓国のインチョン国際空港をハブにして来日、離日する外国人も多いため、成田を拠点にしないケースも増えた。 成田で来日、東京を観光してから京都や大阪、広島や金沢なども訪れたのち関空で離日、そんなルートを組む旅行者がたくさんいる。一方で、訪日外国人旅行者の消費額は9679億円で、前年同期(9,305億円)に比べ4.0%増加した。だが、訪日外国人1人当たりの旅行支出は14万8066円で、前年同期(16万1743円)に比べ8.5%減少した。 環境汚染のひどい中国にはいきたくはないが…。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年08月28日 11:07 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(1)
今後はSNSの情報が支配する
日本人さえあまり知らない所、「ウサギ島」が来日観光客で溢れている。
SNSの発達で、来日観光客自体が情報を発信し、観光客を惹き付けている。
ウサギ島、ねこ島、奈良公園の鹿、地方の棚田、瀬戸内の夕日、豪雪地帯の道路に出来る雪の壁・・・
まだまだ増えそう。
[ 2017/08/28 14:21 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL