韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  観光客までも大勢引き寄せる「日本の農村の底力」

観光客までも大勢引き寄せる「日本の農村の底力」

観光やレジャーと農業を組み合わせたレクリエーション農業が、農村における新しい産業の形として注目を集めている。間もなく秋になると日本各地ではなしやりんご、ぶどうなど各種「味覚狩り」が盛んになるが、これもその一種と言えるだろう。都市よりも発展が遅れている中国では今、農村振興の1つとしてレクリエーション農業の開発に力を入れている。

中国メディア・今日頭条は23日、レクリエーション農業の発展にあたって、中国が日本に学ぶべき点について紹介する記事を掲載した。記事は、中国ではこの2年でレクリエーション農業に対する助成が強化されており、今年の初頭にも農村の各種リソースを集めて独自の強みを作り、農業・林業と観光、教育、文化、健康などの産業との深い融合を図るべしとの政策文書が発表された」とした。





まずは「農業をベースとした産業チェーンの延伸。農業と工業、観光、研究開発、商業、運送、不動産、娯楽、博覧などといった関連産業を一体化させた創造性ある産業総合体づくり」と挙げた。また、積極的に各種イベントを開催して客を呼び込み、知名度をを高めていく取り組みについても言及した。

さらに農村をブランド化して熱心なファンを獲得すること、生産者と利用客との間でコミュニケーションを十分にとり、互いの信頼関係を築くことも重要なポイントとして挙げた。ブランド化によって知名度が高まれば「農業見学にしろ農作物の販売にしろ、容易になるのだ」としている。
http://news.searchina.net/

【管理人 補足記事&コメント】
安倍首相は、「世界で勝って、家計が潤う」というキーワードで、食料輸出は7年以内に現在の4,500億円から1兆円に、6次産業化市場は10年以内に1兆円から10兆円を目指すとし、農業の強化を成長戦略の柱に据えた。併せて、農地の集積を進めることで、10年間で農業・農村全体の所得を倍増させるとした。農業分野のグローバル化による農業技術の海外流出である。中国・四川省にある工場では、和の伝統品である畳に使われている畳表が生産されている。日本に流通する畳の約8割に中国産の畳表が使われている。後継者不足によりイグサ・畳表の供給量が減少する中で、日本の生産者が中国に渡り、徹底的に技術指導した結果、現在は国産と遜色がない品質を実現しており、国産マーケットは中国産にとって替わられてしまっている。

一方で、日本の農家・企業が持つ技術・ノウハウや創意工夫を海外に移転し、日本農業の知財で収入を得るという新たな産業モデルが確立しつつある。技術移転に伴い、移転先の現地企業からロイヤリティを得ることが可能となる。現地に合弁企業を設立すれば配当収入も期待できる。日本の農業技術も食の安全管理も世界一の水準であることから、日本企業が生産をマネジメントすることにより、おいしく安全な農産物が海外で生産させれることになる。農産物を輸出するのではなく、海外展開を目指そうとする動きだ。気を付けないと中国産の畳表の様になりかねない。技術を世界に広めることは重要だが、主導はあくまで日本と言う構築を固めておかないと難しい。安倍政権もよく勉強し、どういう対応構築にするべきかは成長戦略に不可欠であるから、丸投げしないでシステム構築を実施してほしいものであるが…。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年08月28日 18:49 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp