韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  北朝鮮 >  安倍首相、北朝鮮ミサイル発射で「いかなる状況にも対応できるよう、万全を期す」

安倍首相、北朝鮮ミサイル発射で「いかなる状況にも対応できるよう、万全を期す」

安倍晋三首相が29日午前7時55分ごろ、北朝鮮による弾道ミサイルの発射を受けて首相官邸で記者団に語った発言の全文は次の通り。

北朝鮮が発射した弾道ミサイルが、わが国上空を通過し、太平洋に落下をいたしました。政府としてはミサイル発射直後から、ミサイルの動きを完全に把握しており、国民の生命を守るために万全の態勢をとって参りました。 わが国を飛び越えるミサイル発射という暴挙は、これまでにない深刻かつ重大な脅威であり、地域の平和と安全を著しく損なうものであり、断固たる抗議を北朝鮮に対して行いました。

国連安全保障理事会に対して、緊急会合の開催を要請します。国際社会と連携し、北朝鮮に対するさらなる圧力の強化を日本は強く国連の場において求めてまいります。強固な日米同盟のもと、いかなる状況にも対応できるよう緊張感を持って国民の安全、そして安心の確保に万全を期して参ります。
http://www.sankei.com/




【管理人 補足記事&コメント】
政府が29日午前6時すぎ、北朝鮮からミサイルが発射された模様だと発表した。警戒対象地域は北海道、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島、茨城、群馬、新潟、長野の各県。また、政府は午前6時14分ごろ、ミサイルがこれらの地域の上空を通過したと発表した。ミサイルは3つに分離し、北海道の襟裳岬の東方沖約1180キロメートルの太平洋上に落下したとしている。

韓国メディアは日本語版における情報は殆どない。中央日報が、北朝鮮が29日午前に発射した北朝鮮発射弾道ミサイルが北海道東側の太平洋に落下したと、日本政府が伝えたと報じた。 日本政府はこの日午前、全国瞬時警報システム(Jアラート)を通じ、北朝鮮がミサイルを発射したもようだと発表した。NHKによると、日本政府はこの日午前5時58分ごろ北朝鮮のミサイルが東北方向で発射されたと推定されるとし、一部の地域に避難を呼びかけたと伝えている。

これから報じるのか、あえて報じないのかはもう少し時間が経過すれば明確になるだろう。
ただ情報は日本メディアが先の様だが…。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年08月29日 09:26 ] カテゴリ:北朝鮮 | TB(0) | CM(2)
むしろ喜んでいるような気がします
 彼の国のことですから、自国の損得に関係がなければ関心は無いでしょう。

 むしろ、日本が騒いでいるのを見て、喜んでいるのではないでしょうか。
 近年、彼の国のえげつないやり方を知るにつれ、疑いの目を持ってしまう自分です。
[ 2017/08/29 09:56 ] [ 編集 ]
平和憲法があれば戦争は起こらない、なんて嘘だった
憲法9条の平和憲法によって日本の平和は守られてきたと主張しているサヨク、これどうすんの?
憲法9条によって日本は専守防衛だから向かってくるミサイルを迎撃するだけで弾道ミサイルを打ち返す事も許されないならば北朝鮮にとってこんな楽なことは無いだろう。
猫が鼠をもて遊ぶ事に等しい。
この9条が災いして日本を危機に追い詰めている事を知るべし。
南朝鮮(韓国)は戦後の日本が武力放棄した事によって攻め入って竹島住人を殺し、乗っ取ったし、今中国は9条がある事に安心して尖閣諸島の乗っ取りを画策している。
つまり、9条が戦争を招いている事を知るべし。
[ 2017/08/29 15:13 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL